« セリーグ ヤクルト対中日(9/19) | トップページ | J1リーグ第26節神戸対名古屋 »

J1リーグ第26節大宮対千葉

2007.9.22(土) 15時 駒場スタジアム 
観客 人 主審  副審 

 大宮アルディージャ 0(0-1)1 ジェフユナイテッド市原・千葉 
            (0−0)

 得点 千葉・斎藤

見に行っていた。

大宮は序盤から主税・ハヤトの両サイドを厳しく潰されて、攻撃の起点を作れなかった。前節の磐田は、前半はその辺を結構ルーズにやってくれたので、決定機も作れたんだけど(それを決め損なって敗れたわけだが)、今日はそれすら出来ない。森田やデニス・マルケスがトップでボールを受けようとする動きに対しても、厳しいプレッシャーを掛けて来ていたし。ただし千葉も、守備に注力している分、攻撃に転じた時の駒が不足していた印象。大宮のディフェンスが機能していたとも言えるんだろうけど。水野の個人技は、ちょっと怖かったが、それくらい。まあ、辛抱較べかなあ、という感じだった。
ただ、辛抱較べをするには、今日の大宮は守備的な局面でのミスが多過ぎた。自陣深い位置でのパスをカットされて攻められることが度々。拮抗していてもおかしくないはずの試合を、自分らで劣勢に持ち込んでいった感じ。特に慶行が酷かったね。
前半半ば過ぎ、セットプレーの流れから前へ出て行こうとする所でパスミス。再度攻め込まれ、クリアしたボールを工藤に拾われて、ゴール前へクロスが入り、斎藤に決められて失点。
その辺から、どんどん大宮の動きが悪くなり、前半終了間際には、苛立ったデニス・マルケスが千葉の選手に手を出して、一発退場。

後半は数的不利を背負って、一方的に押される展開。ただ、千葉も傘にかかってくるほどの元気はなかったみたい。決定的な形を作られる場面もないではなかったけど、決め手を欠いたなあ。
大宮は後半の後半にコータが入って、前線への放り込みに走り込んで行く選手が投入されて、ようやく攻撃らしい攻撃の形が見えるようになり始めたけど、手を打つのが遅過ぎたな。後半頭からこれでも良かったはず。というか、極端に言えば、起点を厳しく潰しに来られているのが見えた時点で、戦術の見直しはあってしかるべきだったと思うんだけどねえ。
終盤、コータと、これも終盤にやっと投入されたペドロ・ジュニオールで、決定的な場面を2回くらい作りかけたけど、しのがれてしまい、ほとんど見せ場無く終了。千葉の出来が決して良かったわけではなく、ほぼ大宮が自滅した、クソ試合だと思う。

なお、デニス・マルケスの退場は、BSのダイジェストで見ると、水本と競り合って引き倒した後、蹴りを入れたのが効いたみたいだった。意図的に蹴ったというよりは、はずみで足が出た、という感じではあったけど。タイミングによっては、警告で済んだんじゃないかなあ。間が悪かったという気はする。

  20070922board
  20070922flag
  20070922end
(2007.9.22)

|

« セリーグ ヤクルト対中日(9/19) | トップページ | J1リーグ第26節神戸対名古屋 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/16619020

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第26節大宮対千葉:

« セリーグ ヤクルト対中日(9/19) | トップページ | J1リーグ第26節神戸対名古屋 »