« JFL後期第9節横河対佐川急便 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対湘南(9/15) »

怪獣と美術

三鷹市美術ギャラリーという、三鷹駅の真ん前にあるビルに入ってる美術館でやってる展覧会へ、JFLへ行く前に寄った。サブタイトルが、「成田亨の造形美術とその後の怪獣美術」ってことで、まあ、そういう展覧会。(リンク → http://mitaka.jpn.org/calender/gallery/)

以前はそういう方面の趣味を持っていたから、結構いろんな本や雑誌で、一般的な人よりは、成田亨のデザイン画とか、見てる部類だと思うんだけど、原画で見ると、やっぱり違う。というか、雑誌とかだと、ふーんという感じで、流し見してしまうけど、目の前に現物が展示されていたら、やっぱりちゃんと見るものな。確かに成田亨の怪獣造型は特別なものだなと思った。ただ、後年になって、それらをベースにして描かれた絵なんかは、昔のイメージをひきずり過ぎていて、ただの怪獣絵になってしまってる面が否めないようには思えた。カネゴンの絵だけは、カネゴン自体の、他の怪獣とは異なる特殊さが、それを救っていた気がするけど。

高山良策、池谷仙克、原口智生の展示もあり、高山良策の、怪獣造型とは別に製作された作品群は、全く別世界で、かなり衝撃力のある前衛アートと思った。この人は、成田亨ほど作家性と怪獣が密着していなかった(あくまでも職人として、怪獣を作っていたという印象がある)のが、前衛アーティストとしては、かえって良かったのかも知れない。
あと、池谷仙克、原口智生は、アーティストというより、職人的な造型作家なんじゃないかなと思う。

  20070909tike

|

« JFL後期第9節横河対佐川急便 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対湘南(9/15) »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/16397200

この記事へのトラックバック一覧です: 怪獣と美術:

« JFL後期第9節横河対佐川急便 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対湘南(9/15) »