« 感想「水滸伝」11 | トップページ | 感想「マジック」 »

感想「水滸伝」12

「水滸伝」12 北方謙三 集英社文庫
関勝がやってきて、これで人物が一通り揃って、いよいよ佳境ということなのかな。108人揃ってるのかどうなのか、人数を数えてみるか?(^_^;)。
話は結構ドロドロしてきて、梁山泊も、自己防衛のためとはいえ、敵ではなかったはずの一般人を大量に殺すことになるし、青蓮寺が言うように、世俗にまみれることで、きれいごとだけでは済まなくなってきてもいる。国を作るってのは、多分、そういうことだし、そうなると、最初からきれいごとを捨てている現権力の方が有利なようにも思える。自民党と民主党の関係にも通じそうだ(^_^;)。
(2007.9.28読了)

|

« 感想「水滸伝」11 | トップページ | 感想「マジック」 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/16874597

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「水滸伝」12:

« 感想「水滸伝」11 | トップページ | 感想「マジック」 »