« 感想「目くらましの道」 | トップページ | 感想「水滸伝」11 »

J1リーグ第29節名古屋対FC東京

2007.10.21(日) 14時 豊田スタジアム

JSPORTSの録画中継を録画しといて見た。

つまんない負け試合だったな。試合運びは優勢なように見えなくはなかったけど、決定機が少な過ぎ。そりゃ、勝てないって。逆に東京に少ないチャンスを決められちまうし。ルーカスには、いっつも、ああいう感じでやられてるような気がする。
清水戦みたいに、決定機を作っても作っても決められず、これでも勝てないか、と慨嘆するような試合なら、まだ良かったんだけど、なんか、淡々と負けてしまった感じ。

ヨンセンが休んでる間に、みんな、ヨンセンの生かし方を忘れちまったみたいだった(もっとも、小川は元々知らないわけだ)。杉本だけは覚えてたみたいだが。一個だけ、本当に惜しかった決定機は杉本のクロスにヨンセンだった(東京GKのファインセーブに阻まれた)。そもそも、生かし方が分かってんのかどうかも、ちょっと怪しいとはいえ。
ヨンセンが居ない間に、それなりに作ってきた攻撃のパターンに、ヨンセンをうまく組み込めなかった感じ。それにしても、相変わらず献身的に、よく動いてボールに絡んでくれるヨンセンだけど、この試合は(特に前半は)、もうちょっと前に居て、ターゲットで張っててくれた方がいいんじゃないか、という気がした。まあ、俺には、中継で見えた範囲のことしか分からないんで、実際はそういう感じではなかったのかも知れないが。
玉田は、もっと割り切った動き方をするよな。攻撃がうまく機能しなかった理由の一端は、その辺にあったのかも知れない。もしかしたら、玉田の方が良かったのかも、なんて思う日が来るとは思わなかった(^^;。

ところで、増川は脚を痛めたらしい、とか、中継で言ってたが…?
そういやあ、失点は、増川の右SBでの対応の失敗が起点だったっけな。清水戦の慶といい、急造右SBがどうもうまく行ってない感じ。これはもしや、ちゃんとした右SBが必要だっちゅう、セフの伝言か?
大森を右SBで先発させなかったことには好感が持てたが。やっとそこまで、物の分かった監督になって来たのに。惜しい。(ただ、阿部翔平のCBはどうかと…。こだわりがあるのかなあ(^^;)

|

« 感想「目くらましの道」 | トップページ | 感想「水滸伝」11 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/16861984

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第29節名古屋対FC東京:

« 感想「目くらましの道」 | トップページ | 感想「水滸伝」11 »