« J1リーグ第33節名古屋対横浜FC | トップページ | J1リーグ第33節東京対大宮 »

なでしこリーグ1部第19節浦和対TASAKI

2007.11.25(日) 13時 駒場スタジアム 晴
主審 千葉恵美

  浦和レッドダイヤモンズ 1(1−0)0 TASAKIペルーレ 
  レディース        (0−0)  

 得点 13分 浦和・庭田

ペルーレをリーグ戦で生で見たのって、かなり久しぶりのような気がする。スーパーカップとか選手権では見ているが。しかも、浦和戦ってことで、結構噛み合った試合になるんじゃないかと期待した。

前半は浦和ペース。中盤から後ろが裏へボールを出して、前線が走り込むという浦和の得意なスタイルの攻撃が機能して、ペルーレはなかなか攻勢に転じることが出来なかった。ただし、13分の得点は、その形ではなく、左サイドで柳田が抜け出し、中央にきっちり入れたセンタリングを、トップ下から飛び込んで来た庭田が合わせたもので、綺麗なゴールだったな。
浦和は2トップの安藤・北本に庭田が絡んで、さらに両サイドから柳田・木原が仕掛けて来て、攻め手が多彩だな、という印象。もっとも、決定的なシュートは、実は得点の場面以外は、ほとんどなかったんじゃないか、という気もしないではないが。
ペルーレは鈴木と大谷が2トップを形成していたけど、ここに思うようにボールが出ないし、出ても孤立していて、浦和のディフェンスに簡単に潰されていた。

後半に入ると、ペルーレが左サイドを清原から大石に代えた効果なんだろうか、中盤が押し上げてFWと連携する、攻撃の形が機能し始めた。後半は前半とは一転して、ペルーレが主導権を握った試合だったと思う。ただ、ペルーレは細かくつないで仕掛けて行こうという意識が強くて、先行していることもあって、守備意識を強めている浦和にとっては、守りやすかったように見えた。つないでくるパスを、どこかでカットしてクリアしちまえば、シュートまで持っていかれることはないわけで。しかも、クリアボールがカウンターにつながる場合もあり、押され放しの試合展開にはならなかった。それでもペルーレは、結構決定的な形でシュートを何本か打ったけれども、そこは山郷がきっちりセーブ。浦和の逃げ切り勝ち。

支配率という点では、浦和が五分よりはちょい上だったかも知れないが、まあ似たようなもんだったんじゃないかな。ただ、どっちかが押してるだけという時間帯が長くて、あんまり拮抗して噛み合った試合という感じはしなかった。全体としては、先制した浦和が、後半は押されはしたものの、それも込みで、結局自分たちのゲームプラン通りの試合をしたような気がする。

ペルーレは中盤の真ん中に、もう少し存在感が欲しかった気がする。山本が頑張ってはいたけども。浦和で柳田がかなり効いていたのは皮肉(いまさら、とはいうものの)。川上も新甫も、もう居ないしねえ。

そういやあ、高橋彩子がきっちり枠に飛ばす、いい感じの直接FKを1本蹴っていたな。浦和は少なくとも、もうひとつは枠内シュートがあったわけだ(^^;。
彩子は、正直、流れの中ではそんなにいい出来ではなかったとは思うけども、プレースキックは今もまだ存在感があるよな。

 20071125board

 20071125flag

 20071125saiko

|

« J1リーグ第33節名古屋対横浜FC | トップページ | J1リーグ第33節東京対大宮 »

「女子サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/17188213

この記事へのトラックバック一覧です: なでしこリーグ1部第19節浦和対TASAKI:

« J1リーグ第33節名古屋対横浜FC | トップページ | J1リーグ第33節東京対大宮 »