« J1リーグ第30節横浜FC対大宮 | トップページ | 鳥獣戯画がやって来た! »

J1リーグ第30節浦和対名古屋

2007.10.28(日) 17時 埼玉スタジアム2002 晴
観客 52314人 主審 吉田寿光 副審 柴田正利、平野伸一 

  浦和レッドダイヤモンズ 0(0−0)0 名古屋グランパスエイト 
               (0−0)    

 浦和 都築(GK)、坪井、堀之内、阿部、山田(44分田中達)、
    長谷部、鈴木、平川、ポンテ、
    永井、ワシントン(85分内舘)
 名古屋 楢崎(GK)、大森、渡邊(78分小川)、阿部、
    吉田、金正友(74分杉本)、山口、吉村、
    本田、中村、ヨンセン

 警告 浦和 永井、阿部
    名古屋 金正友、渡邊、大森、本田

見に行っていた。

消化不良な試合。というか、前半の名古屋は、水曜夜にPK戦までもつれ込む試合をやった相手に、走り負けてる情けない展開。特に右サイドハーフに入った慶が、平川にいいように突破されて役立たず状態だった。日本平で右SBに入って、児玉にあしらわれたのを見てるから、そんなに意外な成行きではなかったけど、一応右SBだったらしいマーヤとの連携も悪過ぎ。
他にも各地でディフェンスのミスが多発していたが、さすがに浦和も鋭さを欠いていて、何とか失点はせずに後半へ。

後半は一転して名古屋が攻勢。さすがに浦和は前半で体力を使い果たしてしまったらしく、前半からは考えられないくらい、名古屋が押し込んで好機を次々作った。でも、決め切れない。必要以上に廻し過ぎ、フィニッシュが遅い上に、精度も最悪。後半序盤に直志が立て続けにチャンスに絡んだ時は、浦和戦で頼りになるのは、やっぱり直志かと思ったが、結局フィニッシュで失敗し続ける所は、近頃のいつもの直志だった。
しかも、ヨンセンに絶望的に決定力がない。ブランクが空き過ぎたんだろうか。それでも、ポストは結構こなしていたが、それに合わせて入ってくる選手がいやしない。これだったら、今なら玉田の方が遥かにマシだよ。その玉田はベンチ入したが出番なく、杉本も後半半ばに交代出場したが、決定的な形はついに作れず。というか、杉本が居ないことが、ヨンセンが力を発揮出来ていない理由の一部のようにも思えるんだが。
後半の状況だけ見れば、勝ってて当り前な試合。決定機の無さだけならともかく、勝つ気がないんじゃないのかと思うような気迫の無さや、ルーズボールに対する寄せの甘さが、見ていてどうにもやり切れなかった。
で、結局、スコアレスドロー。

首位チームとのドローだったが、健闘した試合だったとは、全く感じられなかった。
名古屋は、どうやって自分たちの何が強みなのかを、見失ってるとしか思えない迷走した試合だった。お家騒動の影響なんだろうか。少なくとも2節前に日本平で見たチームは、こんなんじゃなかったと思う。

  20071028board
  20071028bow

(2007.10.28)

|

« J1リーグ第30節横浜FC対大宮 | トップページ | 鳥獣戯画がやって来た! »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/16966634

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第30節浦和対名古屋:

« J1リーグ第30節横浜FC対大宮 | トップページ | 鳥獣戯画がやって来た! »