« 天皇杯5回戦名古屋対ホンダ | トップページ | 天皇杯準々決勝愛媛対川崎 »

トップイースト11 NTTコム対セコム

2007.12.9 14時 秩父宮 晴

 NTTコミュニケーションズ 16-18 セコム・ラガッツ

入口で貰ったメンバー表・順位表を見るまで知らなかったんだが、トップイーストはあと2節で、横河とNTTが全勝。セコムは1敗。セコムはこの試合で負けると、入替戦進出がかなり絶望的になると思われ、逆にNTTも勝てば入替戦進出は堅いが、負けたら最終節の相手は横河なので、結構厳しくなる。そういう試合だったみたい。(ただ、後で確認したら、ボーナス点の関係で、NTTの方がセコムよりは有利みたいだ)

立上がりはセコムが一方的に押して、トライで先制するが、さらに追加点を上げれば一気に波に乗れるという所で、ノックオンやパスミスでみすみす流れを切ってしまう。試合の間中、ずっとそうだった。試合運び自体は、さすがに去年はトップリーグに居たチームだよな、と思わせる、一枚上手な感じだったのに。NTTの方が手堅い試合をしてたという印象。
26分にNTTのPGで2点差になり、33分にセコムはトライとコンバージョンで12対3と突放すが前半ロスタイムにまたNTTのPGで6点差。
後半はセコムやや優勢ながらも、一進一退という感じだったが、25分過ぎにNTTがこの試合初めて?セコムゴール寸前でのラインアウトを獲得。勝負所と見て、一気にモールで押し込み、コンバージョンも決まって12対13で逆転。
そこからが壮絶。38分、ゴール正面のやや長い距離でセコムがPGを決め、再逆転。ロスタイムに入り43分、今度はNTTが左端の角度のない所からのPG。再々逆転。で45分のセコム。これも左端でしかも距離が長い(10mライン付近)、多分この試合で一番難しいPGが決まる。そこで試合終了。すげえ劇的なセコムの勝利だった。
ちなみにキッカーは、セコムが長井でNTTが君島。

メンバー表を見たら、セコムの22番が岩渕健輔で、出身校がケンブリッジになってるし、あの岩渕だよなあ、と思ったら、やっぱりそうで、今年、セコムに加入したらしかった。後半から出場して、右WTBに入ってた感じだった。
ちなみに、セコムの10番は鈴木健だったが、スワローズから移籍したわけじゃなく(^^;、当然別人。

NTTのユニは、黄色と黒の配色で、NTTコミュニケーションのロゴの色だと思う。夏に横河グランドのオープン戦で、昔のサッカーのNTT関東みたいなユニを着たチームを見掛けて、確認したらやっぱりNTTだったんだけど、NTTコミュニケーションじゃなくて、別のNTTだったかな。黄色と黒はセコムのチームカラーと似ていて、紛らわしかった。ちなみに、NTTは社員応援団がかなり来ていたみたいだったな。

 20071209board

|

« 天皇杯5回戦名古屋対ホンダ | トップページ | 天皇杯準々決勝愛媛対川崎 »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/17345182

この記事へのトラックバック一覧です: トップイースト11 NTTコム対セコム:

« 天皇杯5回戦名古屋対ホンダ | トップページ | 天皇杯準々決勝愛媛対川崎 »