« 天皇杯準々決勝愛媛対川崎 | トップページ | トップイースト11 東京ガス対セコム »

トップイースト11 NTTコム対横河電機

2007.12.24 12時 秩父宮 晴

 NTTコミュニケーションズ 18-29 横河電機

トップリーグ昇格のレギュレーションがよく分からないままでいたが、この日、貰ったメンバー表を見て、ようやく分かった。イーストの1位はそのまま各地域1位3チームのリーグ戦(2チーム自動昇格、1チームは入替戦進出)に進むけど、2位と3位はプレーオフ。勝った方が各地域2位3チームのリーグ戦(1チームが入替戦進出)に進出。

んで、このカードは勝った方が優勝という状況。NTTの方が下位の分、立上がり攻勢に出たけども、横河の方が試合巧者という感じで、最初のNTT の攻勢を堅守で凌いだ後に来た優勢な展開の中で、トライで先制。PGでしか得点出来ないNTTに対して、前半3トライで19対6と大きくリードして折返し。
それで横河はちょっと気が緩んだが、後半はNTTが押しまくるが、横河は守りが堅かった。とはいえ、守勢の中でファールの山を築き、ラスト10分はシンビンで数的不利に陥ったが、トライを奪われても、直後に前掛かりの相手の隙を突いて取返すしたたかな試合運びを見せ、最終スコア29対18で勝って全勝優勝。

横河の応援団は、随分な人数だった。JFLで見慣れてるサッカーの横河はあんなに寂しいのに(^_^;)。もっともNTTの方がさらに多かったが。

横河はNo.8サモが凄かった(^^;。スクラムやモールから出たボールをひっつかむと、そのまま強引に抜け出して突っ走って行ってしまう。その形から、2トライくらい上げたんじゃなかったかな。遠目には、トヨタに居たティアティアみたいに見えた。
秩父宮の場内FMで、セコム戦でPGを決めまくってたNTTのSO君島が元はサッカーをやっていたと言っていて、雰囲気がサッカーの司令塔みたいだな、と思っていたので、なるほどと思ったが、受信状態があまり良くなかったので、聴き違いだった可能性はあるかも。

  20071224board1

|

« 天皇杯準々決勝愛媛対川崎 | トップページ | トップイースト11 東京ガス対セコム »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/17508201

この記事へのトラックバック一覧です: トップイースト11 NTTコム対横河電機:

« 天皇杯準々決勝愛媛対川崎 | トップページ | トップイースト11 東京ガス対セコム »