« なでしこリーグ1部第19節浦和対TASAKI | トップページ | J1リーグ第34節千葉対名古屋 »

J1リーグ第33節東京対大宮

2007.11.24(土) 14時 味の素スタジアム

JSPORTSの録画中継の録画を見た。ほんとは、MXの当日の録画中継を録画した気でいたんだけど、設定が間違ってて録画出来ず、日曜夕方の JSPORTSの最初の放送も見逃し(ただし、ラスト10分はその時に先に見てしまった。レアンドロのすんごい決勝ゴールも、その時に見た。あれは大宮の歴史に残るだろう)、2回目の放送をやっと録画したもの。

立上がり、大宮が、らしくもなく攻めている。とうとう尻に火が点いたか、とも思ったが、要は久々に先発したコータが、前線で走り回ってボールを引き出しているんだよな。これだけの動きが出来るコータを、佐久間がなぜ使おうとしなかったのか。ダイジェストの記者あたりの理解では、とにかく失点しないことに重きを置いているので、大きいFWに前線でキープさせることを第一に考えているから、ということになるんだろうが(それは多分、そうなんだろうが)、前線から激しく追い込んで行くことで、相手のバックラインにプレッシャーを掛けるという守り方だってあるわけだしねえ。それに、引分けでもいい、という考え方でもここまで何とかなってたのは、たまたま広島が付合ってくれたからに過ぎない。

大宮の攻勢はそんなに長くは続かず、徐々に東京に押され始めるが、何とか持ちこたえて0-0のまま前半を終える。しかし、後半序盤に、梶山のトリッキーな球出しに翻弄されて、石川に先制点を許す。
しかし、2分後、村山が右サイドで縦に入れて行ったボールを、東京の八田が処理ミス。詰めていたコータがそれを奪って、中へ持ち込んで、ゴール前へ入って来た主税へ通し、主税が同点ゴールを決める。

しかし、その後、佐久間は早々にコータを下げちまう。代りに斉藤。もう引分け狙いかよ。まあ、この試合に関しては、裏で広島が川崎にボコにされつつある情報が入っていたのかも知れないけどね。堅実に引分ければ残留が見えると思ったのかも。ただねえ。最終節、大宮が負けて広島が勝てば、それで順位はひっくり返るわけだし、引分け狙いでいい試合だったとは、俺には思えない。
選手交代の効果で、以降、大宮の決定機は激減。なんとか引分けで逃げ切れればラッキーみたいな試合展開になっちまったが、後半44分、レアンドロの怒濤のオーバーラップから決勝ゴール。そのまま勝ち切って、事実上のJ1残留決定。

まあ、大宮にとってはいい結果だったが、バカ監督のバカっぷりは相変わらずだったという感じ。レアンドロのあんなゴールが、彼の計算のうちだったはずはない。後でダイジェストで読んだ記事だと、むしろ決勝ゴールの場面では、レアンドロが上がって行くのをベンチから必死に止めていたらしいしな。悪運だけは強いってとこか。
(2007.11.30)

|

« なでしこリーグ1部第19節浦和対TASAKI | トップページ | J1リーグ第34節千葉対名古屋 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/17310206

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第33節東京対大宮:

« なでしこリーグ1部第19節浦和対TASAKI | トップページ | J1リーグ第34節千葉対名古屋 »