« 感想「蒸発請負人」 | トップページ | トップリーグ第11節NEC対東芝 »

トップリーグ第11節三菱重工対日本IBM

2008.1.19 12時 秩父宮 晴

 三菱重工相模原 17-45 日本IBMビッグブルー
 ダイナボアーズ

開始直前に着いた。三菱重工は自動降格ぎりぎりの崖っぷち。IBMもそんなに安全な状況じゃなく、双方、モチベーションは高い試合なんじゃないかと思ってた。

前節ヤマハに壊滅的な大敗をしていた三菱重工だけども、危機感が出ていたのか、今日はディフェンスの出足は速かったし、ラインアウトはむしろ優勢だった。でも攻勢に出た時の判断が遅い印象で、一瞬の躊躇をIBMに突かれて押し返され、攻め切れない。そうこうしてるうちにIBMがカウンターのチャンスを掴むと、こちらはきっちり決めてくる。17 分から約7分の間に立続けの3トライで一気に19対0。ただ、その後、IBMは逃げ切りを考えて慎重になって、堅実に加点しようとしたのかどうか、PGを続けて狙ったが、軒並み失敗してペースが鈍り、三菱が多少押し返した。三菱にもトライが生まれて前半は24対12。
後半は五分に近い立上がりで、ここで三菱が先に得点すれば、まだ試合がもつれる可能性はあったが、双方決め手を欠いて得点が入らないまま進んだ27分に、とうとうIBMがトライを決めて優位に立ち、力尽きた感のある三菱相手にその後も加点。三菱も混戦から抜け出した芝本が突っ走って、5点を返す場面はあったがそこまでで、45対17でIBM勝利。

IBMは、それが本当にチームの持ち味なのかどうかは知らないけど、今まで見た試合では(4-5試合くらいかな)、(強くない割に。これがポイントかも (^^;)いつも展開が華やかな、見ていて面白い試合をしてくれてる気がするんで、結構ひいきしてたりする。残留してくれると嬉しいんだけど、今日の勝ちで、少なくとも自動降格からは、かなり遠ざかったんじゃないかな。
三菱は、明日の九州電力戦の結果次第では、降格が決まるんじゃないんだろうか。

 20080119titi1

|

« 感想「蒸発請負人」 | トップページ | トップリーグ第11節NEC対東芝 »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/17754081

この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグ第11節三菱重工対日本IBM:

« 感想「蒸発請負人」 | トップページ | トップリーグ第11節NEC対東芝 »