« トップリーグ第11節三菱重工対日本IBM | トップページ | 感想「ホット・キッド」 »

トップリーグ第11節NEC対東芝

2008.1.19 14時 秩父宮 晴

 NECグリーンロケッツ 33-21 東芝ブレイブルーパス

今季初めて見るトップリーグ上位チーム同士の対戦(^_^;)。
さすがに双方に重量感があって、力が入るねえと思ったが、NECになんだか自滅的なミスが続き、あっさり東芝が主導権を握った。NECのディフェンスを軽快なパス回しや切れのいいフェイントで振り回して、前半3トライで21対5。NECはWTB窪田がトライエリアに蹴り込んだボールに自分で飛び込む、格好いいトライの5点のみ。
後半も東芝優勢の流れだったが、疲労が出て来たのかボールは回っても肝心な所でミスが出て決められない場面が続き、流れが悪くなってた。12 分、自ゴール前に攻め込まれた所でFL中居がシンビン。直後、数的優位に立ったNECは、ラインアウトからモールで押し込んで箕内がトライ。さらに浮き足立つ東芝に対して、畳み掛けるようにセミシ・サウカワが大活躍で、立続けに2トライを決め、21対26と逆転。東芝は中居がシンビンから戻って攻勢を取り戻したものの、リズムは狂ったままで、力づくでも押し込み切れず、終了寸前にはインターセプトからNECに決定的なトライを奪われ勝ち点0の敗戦。

シンビンが、完全にこの試合の分かれ目だったわけで、数的優位の10分間に、一気に攻勢を掛けて試合をひっくり返したNECの集中力は(多分に、セミシ・サウカワの個人の力による面が大きかった気はするとはいえ)、大したもんだった。後半、よく立て直して踏ん張ったと思う。
東芝は、やっぱり去年のような力強さはないんじゃないかな。去年のチームなら、終盤に2回くらいあった、相手ゴール前でのマイボール・ラインアウトからモールに持ち込んだ所で、トライを取り損ねることはなかったんじゃないんだろうか。

 20080119titi2

|

« トップリーグ第11節三菱重工対日本IBM | トップページ | 感想「ホット・キッド」 »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/17754196

この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグ第11節NEC対東芝:

« トップリーグ第11節三菱重工対日本IBM | トップページ | 感想「ホット・キッド」 »