« 感想「ダイヤルAを回せ」 | トップページ | 感想「殺しのパレード」 »

感想「水滸伝」14

「水滸伝」14 北方謙三 集英社文庫
もう108人揃ったのかなと思ってたけど、また現れた。人物表の人数を数えると、これで109人になるみたいだ。1人余るようだが、なぜだろうと思って、ウィキペディアを検索してみたら、晁蓋は108人に入らないらしい。筆頭に入るような人物なのかと思ったのに。

いよいよ最後の決戦が始まったようにも思えるが、まだ5巻もあるし、もう一度、間合が入りそうでもある。まだ宋の総大将が出て来そうもないからな。

子供キャラがまた補強されているのは、明らかに続篇の「楊令伝」への布石と思われ、あまりにも作為的過ぎる気がする。
(2007.11.23読了)

|

« 感想「ダイヤルAを回せ」 | トップページ | 感想「殺しのパレード」 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/17692290

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「水滸伝」14:

« 感想「ダイヤルAを回せ」 | トップページ | 感想「殺しのパレード」 »