« 感想「呪われた者たち」 | トップページ | 全国高校選手権2回戦近大和歌山対前橋育英 »

全日本女子サッカー選手権決勝 TASAKI対日テレ

2008.1.1(火) 国立 晴

 TASAKIペルーレ 0(0−1)2 日テレ・ベレーザ
           (0−1)

G+の録画中継を録画して見たもの。一応、情報封鎖して、結果を知らないようにしといた。封鎖しようと思えば、簡単に出来ちゃうとこが、女子サッカーのいいところ(^^;だ。

もっとも、想像通りの結果だったけど。開始直後の大谷のシュートのこぼれを大石?がシュートしたやつが入ってれば、もうちっと波乱含みの展開になったのかなあ。ベレーザの気合いが入りまくって、さらにボコボコになっただけだったような気もする。
前半はほとんどベレーザが攻めっ放しで、決定機に決め損ない続けてはいたけど、そのうち決めちゃうんだろうな、という感じで、TASAKIが隙を突いて先制しちゃうかも、とは、ほとんど思わなかったものな。実際、前半終盤に大野のアシストで澤が決めて、予想通り。後半は膠着気味だったけど、依然として、TASAKIが点を取りそうな雰囲気はあんまりなく、結局、荒川がゴールを決めて2-0。やっぱりベレーザは強いねえ、という試合だった。

TASAKIは鈴木が大会前に故障してたそうで、その影響でスタメンから外れてた。準決勝でもスタメンで出て来なかったけど、そういうことだったのか。鈴木が元気で先発して、大谷と2トップを組めてれば、もう少しTASAKIも攻撃の作りようがあったんだろうか。いずれにしても、守りを固めてカウンター狙いだったろうけど、まだやりようがあったかも知れないな。

|

« 感想「呪われた者たち」 | トップページ | 全国高校選手権2回戦近大和歌山対前橋育英 »

「女子サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/17567919

この記事へのトラックバック一覧です: 全日本女子サッカー選手権決勝 TASAKI対日テレ:

« 感想「呪われた者たち」 | トップページ | 全国高校選手権2回戦近大和歌山対前橋育英 »