« トップリーグ第12節サントリー対ヤマハ | トップページ | トップリーグ第13節NEC対三洋電機 »

トップリーグ第13節(2/2,3)

昨日は秩父宮へ第13節(最終節)を見に行ったが、これは元々、先週の予定だったのが、降雪のために延期になったもの。その辺の理由もあって、先週は延期にならなかった他会場の試合を、日頃はあんまり見ないTV中継で見ていた。そっちの方の話を先に書いておく。

2/2
 ヤマハ発動機ジュビロ 21-39 東芝ブレイブルーパス

晩飯食って片付け終わった後、JSPORTS2のプログラムを見たら、ちょうどやってたんで、点けてみた。前半は終わってて、東芝が大差でリードしてたんで、まあ見ててもしょうがないかな、という気もしたけど、キックミスからヤマハにトライを決められてから、急にバタバタし始めた。今年の東芝は安定感がない。それでも、オトが力づくで中央突破してトライを決めたあたりで、流れを取り戻し、最終的には東芝が完勝。プレーオフ進出に向けては、かなり有利な状況になった。
終盤、引退を決めているヤマハの村田が出場。試合後は引退セレモニー。ヤマハ対東芝が引退試合なんて、出来過ぎだが、東芝府中時代は、けっこうよく見たプレーヤーということもあり、本当にお疲れさま、という感じだった。
ヤマハスタジアムでのトップリーグの試合って、初めて見たけど、やっぱり顔色の悪い鳥が出て来ていた(^^;。村田の引退セレモニーに中山が出て来たのは、ちょっと驚いた。二人は同い年だそうで。中山はカズが引退する前には引退しなさそうだけど。(カズは一生引退しなさそうだけど)

2/3
 クボタスピアーズ 27-20 九州電力キューデンヴォルテクス

花園第1試合。
昼飯を作ったり、食ったり、片付けしながらだったので、かなり適当に見ていた。
途中までは完全に九州電力が主導権を握っていて、クボタがひっくり返すのはとても無理に思えたけど、九州電力が徐々にペースダウン(疲労? 頭から飛ばしてたからな)したのと、クボタのマクイナリ投入が相乗効果を起こして、後半途中からクボタが反撃に出て一気に逆転。8位を確定させた。
クボタは一時、降格戦線に足を突っ込んだが、終ってみれば今年も中位でまとめたわけだ。ほんとはもうちょい上位を窺いたいんだろうけど、7位以上との差はやっぱり大きいのかな。九州電力は第2試合の日本IBM の結果次第で入替戦、という可能性を残すことに。ただ、前週の秩父宮でも思ったが、九州電力って結構いいチームだと思った。外国人が強力、というのは別にして、ベースがしっかりしていて手堅い、という印象。

 神戸製鋼コベルコスティーラーズ 28-26 日本IBMビッグブルー

花園第2試合。
昼飯は終ったが、また別のことをやりながら、途中まではかなり注意力散漫で見ていた。
順当に行けば神戸製鋼の勝ちで、IBMが入替戦廻りだろうなと思ってたが、今季、目の前で見る機会のなかった神戸製鋼は、案外迫力が無かった。優勢に試合は進めるものの、勝負所でミスが出て突き放せず、IBMに食い下がられ続けた。もっともIBMも、ここで取れればというところで、ミスで逸機してつかまえ切れない。中継でもさんざん言われてたけど、フィリピーネが重そうだった。ああいうタイプの選手は諸刃の剣なんだろうな。双方、もどかしい感じで試合が進む。
残り20分くらいで同点だったが、神戸製鋼が押し込んで、トライ&ゴールで7点差に突き放した。その後IBMが猛攻。一度は、ゴールラインの内側までモールで入ったが、グランディング出来なくて無得点。これで終ったか、と思ったが、残り3分くらいの所で、神戸製鋼がシンビンで一人足りない状況下で、とうとう押し込んで2点差。でも、コンバージョンは右外のかなり角度が厳しいコースで、プレッシャーもかかったか、キックミスに終った。決まってれば同点引分けで、IBMは九州電力をかわしていたのかも知れないけど、結局2点負けたまま試合終了。11位で入替戦へ。

|

« トップリーグ第12節サントリー対ヤマハ | トップページ | トップリーグ第13節NEC対三洋電機 »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/40079597

この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグ第13節(2/2,3):

« トップリーグ第12節サントリー対ヤマハ | トップページ | トップリーグ第13節NEC対三洋電機 »