« トップチャレンジ第3節横河対近鉄 | トップページ | マイクロソフト杯決勝三洋対サントリー »

マイクロソフト杯準決勝

出かけていて、秩父宮も行けなかったので、JSPORTSの中継を録画しておいて見た。

2008.2.17 14時 秩父宮

 三洋電機ワイルドナイツ 25-21 東芝ブレイブルーパス

こっちを先に見た。三洋がPGで手堅く先制した後、東芝が攻勢になり、三洋に粘り強く守られながらもなんとか崩して逆転。後半に入ると三洋が再逆転。それを東芝がもう一度逆転して突き放し、一時は13-21にしたが、残り5分で三洋が18-21まで追いすがり、ホーンが鳴った直後に左隅にトライを決めて逆転勝ち。
リードして守勢に廻ったチームが、守り切れずにひっくり返されることを繰返し、ノーサイドになった時に、たまたま三洋が勝ってた試合てとこかなあ。それだけ双方の戦力が拮抗してたってことだろう。ただ、三洋の手堅いディフェンスとサイドからの攻撃の速さ(東芝はそれについてけなかった感じ。NEC戦を見た時も三洋のサイド攻撃の速さは感じた)はかなりの強みだろうな、という気がした。前半悪くて、東芝に押される原因になっていたラインアウトを、後半は修正して、きっちりまとめて来る堅実さもあったし、リーグ戦無敗だっただけのことはある。
東芝は、悪い出来ではなかったにしても、結局、去年までの強さは戻らなかったてとこかなあ。攻め方のバリエーションに欠けるとこがあって、詰まるとゴリ押しになったが、それをやっても昨年までのようには、うまく行かなかったというところだったのかも知れない。

2008.2.17 14時 花園

 サントリーサンゴリアス 33-10 トヨタ自動車ヴェルブリッツ

サントリーがあっさり先制したけど、トヨタが巻き返してDGとトライでひっくり返し、サントリーにシンビンで退場者が出たこともあって、その後も攻め続けたが、もう一息でサントリーを崩し切れず、結局ミスが出て追加点を奪えずじまい。サントリーは退場者が戻った所で逆襲に出て、一発目であっさりトライを取って再逆転。前半、もうひとつトライを挙げて、21-10で折り返し。先週の試合のこともあるんで、これはサントリーが勝ったなと思って、その後は、晩飯の片付けしたりしながら、適当に見てたけど、やっぱりそうだった。サントリーは、当り負けしない強さをベースに、自在に仕掛けて来るあたりが、いかにも試合巧者という印象だった。押されている時間帯も、どこか余裕を残しているように見え、必死で攻めるトヨタをうまく受け流してたという感じ。そして、トヨタが力つきた所で、一気に反攻して、カタを付けてしまった。それとやっぱり、最初からライアン・ニコラスが出てたのが、でかかったんじゃないかな。
トヨタも面白い試合運びをしてたんだけど、相手が一枚上手だった。

決勝はサントリーの方が強そうに見えるけど、三洋の強さも、いまひとつ測り難くて、結局よく分からない。

|

« トップチャレンジ第3節横河対近鉄 | トップページ | マイクロソフト杯決勝三洋対サントリー »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/40175781

この記事へのトラックバック一覧です: マイクロソフト杯準決勝:

« トップチャレンジ第3節横河対近鉄 | トップページ | マイクロソフト杯決勝三洋対サントリー »