« 日本選手権決勝サントリー対三洋 | トップページ | ナビスコ杯予選L第2節大宮対横浜 »

感想「水滸伝」18

「水滸伝」18 北方謙三 集英社文庫

これでとうとう残り1冊。

しかし、ここへ来て、続篇への布石が露骨になってきて、あと1冊という雰囲気ではなくなってきた。楊令は華々しく表舞台に飛び出して来るし、今後、彼が活躍するための舞台も、着実に作られているし。19巻で一旦ケリはつくにしても、重要な登場人物が(多分)大半死んでしまうにしても、前篇の終り、くらいでしかないのに違いない。それはなんだか、という気はしないでもない。
この巻でも、馴染みの大物キャラが何人か死んでいくし、さみしさはあるんだが。それにしても唐昇のようなキャラにも見せ場を作るんだな。うまい使い方だ。

|

« 日本選手権決勝サントリー対三洋 | トップページ | ナビスコ杯予選L第2節大宮対横浜 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/43051418

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「水滸伝」18:

« 日本選手権決勝サントリー対三洋 | トップページ | ナビスコ杯予選L第2節大宮対横浜 »