« 2008年アルディージャ日程 | トップページ | 感想「レイチェル・ヘイズの火影」 »

オープン戦 ヤクルト対日本ハム(3/12)

2008.3.12 13:00 神宮
F 100000000 1
S 10000010X 2
[勝]松岡、[敗]星野

9日の神宮今季初戦は、改修された球場を見には行ったが、別件で試合が始まる前に出てしまったので、今日が今季初(野球、スワローズ)観戦。昨日はあったかかったんだけど、今日は寒かったな。

  20080312start

1回表途中に着いたが、スレッジが先制タイムリーを打った直後だったらしい。スワローズ先発の村中は、1回は3安打2四球だったみたいなんだけど、なぜか失点1で済んだ。
ファイターズ先発のダルビッシュも制球がボロボロで、1回裏は1安打3四球、押出しで同点。
村中は2回も3回も満塁のピンチを作るが、それでもなんとかなって、1失点のまま3回で降板。4-5回に登板した鎌田は1四球は出したが安定感のあるピッチングで、心が洗われるようだった(^_^;)。ダルビッシュも徐々に調子を上げ、1失点のまま、5回2/3で降板。
7回ファイターズのピッチャーは3番手・星野に代ったが、6回からマスクをかぶった今成が、飯原のセフティバントの処理をミスり、さらに飯原の2盗でセカンドへ悪送球して飯原は3塁へ。そこで川島慶がきっちりタイムリーで返して勝越し。
スワローズは6回から松岡が投げ、まずまずのピッチングで9回まで無失点で投げ抜き、勝利。

まあ、オープン戦だし、内容的には大した試合じゃなかったが、最初が勝ち試合ってのは、幸先はいいや。
猛アピール中の川島慶が良かった。サードで一つエラーしてたが、代りにゲッツーひとつに関わってるし、特に下手という感じではなかった。バッティングも粘り強かったし。村中は今年期待してるんだけど、あの出来じゃちょっとね…。オープン戦だからと言って、余裕で調整してられる立場でもないはずだからなあ。
ファイターズの中田が途中からファーストに入り、8回に打席が回って、松岡に軽くひねられたが、その途端、客がゾロゾロ帰って行きやがった(^_^;)。
そういやあ、今日の所は、貧打戦だったこともあり、両翼が広がったことを感じさせる当りは、特に見なかった気がする。

  20080312end

|

« 2008年アルディージャ日程 | トップページ | 感想「レイチェル・ヘイズの火影」 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/40479722

この記事へのトラックバック一覧です: オープン戦 ヤクルト対日本ハム(3/12):

« 2008年アルディージャ日程 | トップページ | 感想「レイチェル・ヘイズの火影」 »