« セリーグ ヤクルト対巨人(3/29) | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(3/30) »

イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(3/30)

2008.3.30 13:00 戸田
F 000001020 3
S 10101010X 4
[勝]高市、[敗]ダース

今朝の時点では神宮へ行こうと思ってたんだが、あれこれしてるうちに時間が押してしまって、結局戸田の日本ハム戦に行くことに。
  20080330start
高市が先発で、去年の印象に比べると、かなりいい出来に見えた。安定感があったし、球に伸びもあった感じ。6回まで投げて1失点。それも、打たれての失点というよりは、ちょっと守備の連携が乱れての失点なんで(それはそれで問題ではあるが…)。
打線は日本ハム先発のダースをこつこつ攻めて、初回・3回に牧谷のタイムリーで1点づつ。さらに6回にも、牧谷(^^;の併殺打の間にもう1点。牧谷は7回にもライトへホームランを打ち込んで、一人で全打点の大活躍(^^;。今年初めて見たホームランを見たが、それが牧谷とは大穴(^^;。
ヤクルトの投手は7回から遠藤。7回は見事なピッチングで三者凡退だったが、8回いきなり連打を食らい、無死1-2塁になって岡本がリリーフ。しかしストライクがうまく入らず、2連続四球で押し出しで4-2。佐藤を打ち取って1死とした所で上原に交代。上原は金子を一ゴロで、この間に1点入って4-3。ここで日本ハムのバッターは中田。なんか、中田だけを見に来てる観客が多かったようで、中田の打席が終るごとに客が帰って行ったんだが、この日の彼の一番いい場面がこの最終打席だったてえのは、そういう連中にはお気の毒様。もっとも、上原はあっさり中田を遊ゴロに打ち取ったので、見てたとしてもがっかりするだけだったろうけども。
8回裏はそのまま打席に入った上原がいきなりツーベースを打つも返せず、上原はランナーからそのままマウンドに上がった。コンディションが気になったが、先頭のジョーンズを死球で出塁させ、バントで2塁まで送られたものの、後続を断って抑え切った。
  20080330end
途中から雨が降り出して、8回くらいからは結構しんどかったが、辛抱して見てた甲斐があったよ。
27日に見た試合は、1軍選手の調整みたいな雰囲気のあるメンバー構成だったが、今日のメンツは今年の2軍の基本なんだろうな(もちろん、随時変っていくんだけども)。岡本は27日は良かったんだけどね。雨が激しくなり始めていて、制球が難しい所はあったのかも知れない。セカンドで先発した三輪は初めて見たが、小さい(^^;。守備がまだちょっと不安定な印象。この三輪や鬼崎を試している間は、梶本や大塚や秉秀には出番があんまり廻って来ないのかも知れないな。

久々に見た気がする大塚の勇姿?(^^; ネクストサークルに入っただけで、出番なしだったが。
  20080330otsuka

|

« セリーグ ヤクルト対巨人(3/29) | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(3/30) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/40696091

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(3/30):

« セリーグ ヤクルト対巨人(3/29) | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(3/30) »