« トップリーグ入替戦 日本IBM対ワールド | トップページ | J1リーグ第2節浦和対名古屋 »

J1リーグ第1節大宮対新潟

2008.3.9(日) 16時 NACK5スタジアム大宮 
観客14380人 主審 片山義継 副審 中井恒、金田大吉 

 大宮アルディージャ 2(2-0)0 アルビレックス新潟 
            (0−0)

 得点 25分 大宮・ペドロ・ジュニオール
    44分 大宮・小林大

 大宮 江角(GK)、田中、レアンドロ、冨田、波戸、
    小林大(89分金澤)、小林慶、片岡、藤本(70分内田)、
    ペドロ・ジュニオール、吉原(78分土岐田)
 新潟 北野(GK)、内田、千代反田、永田、松尾、
    本間、千葉(84分松下)、寺川(72分河原)、ダヴィ、
    アレッサンドロ、矢野

 警告 大宮 片岡
    新潟 本間

新潟のFWがまともだったら、前半の前半でケリが付いててもおかしくなかったと思う。ゴール前フリーでボールを貰いまくる矢野、アレッサンドロ、ダヴィ。誰も決められない。そうこうしてるうちにペドロ・ジュニオールがゴール前左サイドでボールを貰い、鮮やかなステップで新潟DFを抜き去りファインゴールを突き刺す。さらに前半ロスタイムにも似たような形からシュート? 新潟GKが弾いた所を大悟が詰めて2対0。
大宮は後半も相変わらず劣勢だったが、新潟の勢いがどんどん鈍っていったこともあり、うやむやで守り切った。
大宮は去年の反省からか、攻撃的なサッカーをやろうとしてたし、ある程度それが機能してたとも思うが、その分、守備が弱体化してる気がする。結局、今年も弱いんじゃないかな。そういう意味では、この勝ちは後々でかそうだ(^_^;)。
それにしても、去年、まるっきり実績を残せなかったペドロ・ジュニオールが、なんで残留してるんだろうと思ってたが、この試合での活躍ぶりを見れば納得。でも、昨年、彼を加入させた時点では、今年の活躍を見越して選手を獲るような状況じゃなかったはず。どうもよくわからん。

  20080309omiyabd

|

« トップリーグ入替戦 日本IBM対ワールド | トップページ | J1リーグ第2節浦和対名古屋 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/40512439

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第1節大宮対新潟:

« トップリーグ入替戦 日本IBM対ワールド | トップページ | J1リーグ第2節浦和対名古屋 »