« 感想「水滸伝」18 | トップページ | ナビスコ杯予選L第2節神戸対名古屋 »

ナビスコ杯予選L第2節大宮対横浜

2008.3.23(日) 14時 NACK5スタジアム大宮 晴
観客10091人 主審 佐藤隆治 副審 前島和彦、原田昌彦

 大宮アルディージャ 0(0−0)0 横浜F・マリノス
            (0−0)

 大宮 江角(GK)、村山、レアンドロ、冨田、波戸、
    小林大(78分内田)、小林慶、片岡、土岐田、
    ペドロ・ジュニオール(75分デニス・マルケス)、吉原
 横浜 榎本(GK)、田中隼、栗原、松田、田中裕、
    兵藤、長谷川、ロペス(71分水沼)、清水、
    ロニー(88分乾)、坂田(76分大島)

 警告 大宮 小林大(1)、吉原(1)
    横浜 松田

見に行ってた。
大宮に関しては、第2節の京都戦はまだ録画を見てないし、ナビ杯第1節の新潟戦も見てないんで、第1節新潟戦のイメージの続きで見てた訳だが、まあ、こんなもんだろ、という感じ。

新潟戦の2得点は、多分にペドロの個人技の突破が物を言ってたわけで、マリノスはペドロにガッチガッチでマークを付けて来て、それでも結構奮闘はしてたけど、さすがに振り切ることは出来ずに潰れるペドロ。そうなると、大宮の攻撃に関しては、去年からの上積みは何もなく(主税が故障の左サイドに新人の土岐田が入ってはいたが、何も出来てなかった。そもそも、彼の本来のポジションでもないのでは?)、策としては、ロングボールでコータが単身縦に抜けようとするか、村山と波戸が両サイドから放り込んで来るクロスでなんとかするか。ただし、波戸のクロスは精度も強さも見るべきものは皆無で、自分でも悟ったか、途中から自分では行かなくなった。村山の方は、そんなに悪くないボールを中へ入れていたけど、マリノスのゴール前は堅かったね。それに、そもそも、ゴール前で競れるFWが居らんもの(森田を入れたら?と思った)。まるっきり得点の可能性が薄そうな大宮の試合運びだった。
それに比べると、マリノスは結構ゴール前によくボールを運んでいたし、決定的な形になりかける場面も何度もあったのだけど、こちらは決定力不足。ロニーが外しまくっていたし、坂田も清水も全然駄目。個人的には最後の方に入って来た大島が、過去の実績も込みで、一番怖かった気がするんだが、どうだろう。

結局スコアレスドロー。まあ、大宮的には勝ち点1拾った感の方が強い試合だった気がする。守備は、新潟戦よりは安定していたかなと思うけど、点が取れないという以前からの課題は、結局、今年も持ち越しかも知れない。

  20080323board
  20080323mia
  20080323senshu

|

« 感想「水滸伝」18 | トップページ | ナビスコ杯予選L第2節神戸対名古屋 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/40628996

この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコ杯予選L第2節大宮対横浜:

» 08 -6あんとらーず日記 [みんなの日記]
明日はマリノス戦。 まずファンサカは以下のメンバーで。(^^) 非常に悩んだけど... [続きを読む]

受信: 2008.04.08 22:42

« 感想「水滸伝」18 | トップページ | ナビスコ杯予選L第2節神戸対名古屋 »