« J1リーグ第6節清水対名古屋 | トップページ | セリーグ ヤクルト対横浜(4/16) »

イースタンリーグ ヤクルト対巨人(4/13)

2008.4.13 13:00 八王子上柚木
G 000310000 4
S 000000000 0
[敗]川島、[勝]バーンサイド

初めて行った上柚木。南大沢駅から歩いて行った。道が分かっていれば徒歩15分くらいの距離かな。路線バスもあるようだったけど。
上柚木は、今までイースタンの有料試合で行った中では、スタンドが一番こぢんまりしてた球場のような気がする。立川も随分ショボかったと思うが、行ったのはもう随分昔なんで、よく覚えていない(なんせ、柳田聖人が居た頃。好きだったんだよなあ)。
スタンドが小さ過ぎるんで、つばくろうがスタンドへバズーカでおみやげを打ち込もうとして四苦八苦していた。斜めに撃つと、簡単に場外へ飛び出してしまうし、立てて撃つと、グランドへ落ちてしまうし。結局、あきらめて手で投げ込んでいた。
  20080413start
試合の方は、ウチの先発は川島。間合を長く取りつつ、凄く慎重に投げていたようだったが、制球・球威ともイマイチ。うまく打たせて、バックの好守でなんとか凌いでいたが、4回につかまり、4連打で3失点。5回にも巨人4番ゴンザレスの、やや不運な内野安打でもう1点。この回までで降板。今日の出来を見る限り、本調子までにはかなり遠いように思える。
打線は巨人先発のバーンサイドのスライダー(かなと思った)に翻弄されて、4回2死での度会の右前打までノーヒット。それでも4回と5回はそれぞれ2安打で、糸口を掴みかけたが攻略しきれず。
終盤は守備のミスが続き、結構危なかったが、6回高木、7回由規(初登板らしい)、8回上原、9回丸山と、なんとか凌ぎ切った。
もっとも打線は、7回からは木村正、9回は真田に押さえられ完封されちまったもんで、結局0対4の完敗。
  20080413end
ずっと曇ってて肌寒かったものの、雨が大して降らなかったのは助かったが、見所の無さ過ぎる試合だった。一般的には、由規の初登板くらいしかなかったんじゃないか。
それにしても、大塚がプレーしてるのを久々に見たが、代打で出て来ていきなりレフトへクリーンヒットをかっ飛ばしたのは格好良かったが、その後、由規が先頭打者の星に三ゴロを打たせたのに、一塁悪送球して無死二塁にしてしまう、大塚のお間抜けぶりわっ(^^;。新人にいきなりプレッシャー掛けて、どうすんねん。大塚の芸風が相変わらずっぽいのは、娯楽的には楽しいが、彼自身の将来のためにはどうかと…。
しかし、由規が動じず、後続を三振、次打者は歩かせてしまったが、小坂の投ゴロをきっちり捌いてゲッツーで締めたのは大したもんだった。大物っぽい所を、ちょっと見せたかもね。

|

« J1リーグ第6節清水対名古屋 | トップページ | セリーグ ヤクルト対横浜(4/16) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/40901771

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対巨人(4/13):

« J1リーグ第6節清水対名古屋 | トップページ | セリーグ ヤクルト対横浜(4/16) »