« セリーグ ヤクルト対巨人(3/30) | トップページ | J1リーグ第3節名古屋対大分 »

J1リーグ第3節清水対大宮

2008.4.2 日本平

 清水エスパルス 0(0−0)0 大宮アルディージャ
          (0−0)

やっと録画を見た。
あまりにも前のことなんで、事前の状況がよくわかんなくなってるが、主税が故障して、左サイドは内田になってから初のリーグ戦。右SB村山も、リーグでは初めてだったんじゃないかな。
直前のナビ杯マリノス戦はスコアレスドロー、直後の名古屋戦は2-1で名古屋の逆転勝ち。その辺の2試合で、効かない感が見えていたペドロJrは、この試合も存在感がいまひとつ。マリノス戦や名古屋戦に比べると、清水DFのマークは割と緩かったように感じたけど、スピードも足捌きも開幕戦ほどの切れはなくて、効果的にゴール前へ入って行くことが出来てなかった。中盤との連携もあんまり良くなかった。
もっとも清水もあんまり組立てがうまくなかった。ただ、先日の名古屋戦よりは、まだチームとして機能してたと思う。名古屋戦には居なかった藤本の存在が大きかったのか。トップに西澤が入ってることで、名古屋戦のマルコス・アウレリオよりも前線にはっきりしたターゲットがある分、やりやすくなっていた面もあるのかも。名古屋戦に比べると、人手不足感はやや薄かったように思う。もっとも、生で見ているのと、TVで見ているのじゃあ、印象も違うもんだけどね。
まあ、五分五分よりも清水の方がちょっと優勢という感じの試合展開だったかな。大宮のシュートがほとんどミドルばっかりだったのに比べて(片岡に惜しい一発があって、千葉戦の予告だったかも知れない)、もう少しゴールに近い所でシュートを撃ててた分、清水の方が得点の可能性を感じさせたけど、そんなに濃くはなかったな。
大宮の攻撃が一番可能性を感じさせたのは、ラスト15分を廻ったあたりだった気がする。内田がようやくフィットして、彼を軸にして攻撃が廻り、立続けにシュートチャンスを迎えたし、内田のシュートの1本は、ゴールのバーを叩く当り。村山が右サイドから効果的な攻撃参加が出来たのも、ようやくこの時間帯になってからだった気がする。ただ、得点は成らず、89分に大宮は、自ゴール前でマルコス・アウレリオのフェイントに引っかかったレアンドロがペナルティ内で足払いを食らわせてしまってPK。しかし、マルコス・アウレリオのPKを江角が止めて、そのままスコアレスドローで終了。
全体的には、中盤での潰し合いの時間が長くて、あんまりスリリングとは言えない試合だった。
(2008.4.20)

|

« セリーグ ヤクルト対巨人(3/30) | トップページ | J1リーグ第3節名古屋対大分 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/40737644

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第3節清水対大宮:

« セリーグ ヤクルト対巨人(3/30) | トップページ | J1リーグ第3節名古屋対大分 »