« 感想「「水滸伝」を読む」 | トップページ | J1リーグ第5節名古屋対横浜 »

J1リーグ第5節大宮対大分

2008.4.5(土) 時 NACK5スタジアム大宮 晴
観客人 主審  副審 

 大宮アルディージャ 2(1−0)0 大分トリニータ
            (1−0)

 得点 大宮・斉藤
    大宮・斉藤

訳あって(^^;見に行けず、JSPORTSの録画中継を見た。

大宮が2-0で勝ったと聞いて、一体、誰が得点を、と思い、雅人2ゴールと聞いて、なんとなく納得した。今の大宮は、そういうジョーカー的なプレーヤーしか点が取れそうな気がしねえもの。もちろん、雅人のゴール自体は非常にレアなので、驚きは驚きだったけど。

試合を見ていると、やっぱり、とても点が入りそうもないように見えた。大分も同様なんだけど、ゴールに向って選手が連動する動きなんて、カケラも見られず、まったりとボールを廻すだけの試合。まあ、それはそれで、平和でいいし、このチームに似合っているとも思うんだけどね。いい天気で、客の入りもほどほどな大宮サッカー場でこの試合を見ていたら、結構、心地いい気分になったんじゃないかな。んで、ぽかぽかあったかい中で一眠りして、目が覚めても、寝てる間に何も起きてない、というような(^^;。生で見てるのと、TVで見てるのとでは、印象が相当違うから、一概に比べられないのは分かってるんだけど、その頃、トヨスタで見てた緊迫感のある試合と、まるで別の競技のようだった。

前半の最後の方で、雅人が高松(だったかな)と絡んで倒れ、大分はボールを外へ蹴り出した。大宮は大分のバックラインにそのボールを返したんだが、それを大分CBの森重(確か)がフィードミス。大宮が右サイドで拾って攻め込み、ドリブルで持って行こうとしたデニスマルケスは大分DFのプレッシャーにあっさり潰れたが、こぼれたボールを中盤の底から駆け上がってきた雅人が拾ってシュートすると、ゴールの左端へ吸い込まれて行く見事なゴールになり、大宮が先制。
ある意味、雅人が倒れて試合が止まった直後で、前半の終了時間も迫っていたこともあり、やや間延びした雰囲気だったんじゃないのかな。雅人一人が、(頭を打ったこともあり?(^^;)気合いが入っていて、それがゴールにつながったのかな。
後半は、前半に比べると、ややペースが上がった感じがあり、大分の攻めに鋭さが増していたように思う。ゴールの枠内へ飛ぶ決定的なシュートもあって、小林慶行の再三のクリアがなければ、少なくとも同点には追いつかれていたはず。大宮はなんとか守り切って、半ばに前半に頭部を負傷した内田を金澤慎に代える選手交代を行った。その直後、デニスマルケスが左サイドを破り中へクロス。これはいまいち精度を欠いており(多分)深谷がゴール前でクリアしたが、イージーなクリアで金澤の足許へと落ちて行った。慎はシュートするが、ポストに弾かれる。そこへ飛び込んで来たのが雅人で、押し込んで2点目。
これも選手交代で試合が切れた直後。雅人のモチベーションの高さが、場の雰囲気の中で突出していたんだろうか、と思った。
大分は終盤には結構攻撃の形も作れてきて、激しく攻めたけれども、もうひとつ攻め切れないまま、2-0で終了。

まあ、大分の攻撃陣に運がなかったかも、という気はする。ただ、大宮のゴールはどちらも大分ディフェンスのミスを突いたもの。大分の自滅という面もあったと思うな。
それにしても、雅人の起用がここまで当るとは、樋口監督も思いもせんかったろう。攻撃的なセンスは凄くある選手だけど、J1でのゴールは確か去年の最終節の川崎戦の1ゴールしかないはず。Mr.NACK5ですかね(^^;。
ただ、結局、FWや攻撃的MFで点が取れてないのは、大宮の現状を反映したものと言えるんじゃないかと思う。まあ、当分はこうやって凌ぎつつ、何か対策を考えていくしかないんだろう。

|

« 感想「「水滸伝」を読む」 | トップページ | J1リーグ第5節名古屋対横浜 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/40807669

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第5節大宮対大分:

« 感想「「水滸伝」を読む」 | トップページ | J1リーグ第5節名古屋対横浜 »