« 感想「漢字と中国人」 | トップページ | J1リーグ第6節清水対名古屋 »

J1リーグ第6節千葉対大宮

2008.4.17 

 ジェフユナイテッド千葉 2(0-2)4 大宮アルディージャ
              (2-2)

ようやく録画を見た。
試合結果を聞いた時、大宮が4点取るなんてありえん、と思ったが…。前半の2点は、デニス・マルケスがスピードで抜いて、右斜め前の浅い角度から決めた見事な個人技。特に2点目は、自ゴール前でのジェフのCKのクリアボールを受けてから、一人で持ってったような得点。彼が今まで見たことがないくらいキレキレだったのと、ジェフのディフェンスがザルだった相乗効果という感じ。2ゴール以外にも、あんなに思い切り良くシュートを撃ってくデニ丸は、初めて見たような気がするが、ディフェンスの寄せがあれだけ甘くて、シュートコースが開いてれば、これだけやれるということなのかも知れん。ただ、デニ丸は、他の選手への球出しもスムースだったし、広いエリアを動き回って、まるでヨンセンみたいな(^^;働きっぷりだったから、調子が良かったのも確かなんだろう。後半は消えていたが。疲労か、ジェフのペースが上がった影響か。
試合の流れそのものは、大宮に2点目が入るまでは、五分五分という雰囲気だったけどね。どっちもいまひとつ組立がうまくいってないようで。2-0になってからは大宮が押し込んでいた。
後半、ジェフは中島を新居に代えたのが奏功したのか、前線に厚みが増して、主導権を握り、大宮ゴール前へ迫る時間帯も増えたが、なかなかゴールを割れず。28分の坂本のゴールも、つないでつないで、巻のシュートがポストで跳ね返ったのをようやく押し込む難産。その後、大宮はコータを片岡に代えて、守りに入ったようだったけど、多分、それが逆効果で、ジェフに押される流れは変わらず、41分に新居に押し込まれて同点。この辺りは、大宮のディフェンスが足止まってて、ジェフに綺麗に崩されていた。普通に考えれば、逆転があったかどうかはともかく、このままジェフペースで終る試合だったよな。そこで、43分の片岡のミドルで、大宮が突き放す。ありえない(^^;。っつーか、3年に1度くらいのゴール? ジェフも運がない。大宮はその前にデニ丸に代えてペドロが入っているし、片岡のゴールも、DFのレアンドロがゴール前でポストして、こぼれたボールを叩き込んでいるくらいだから、リスク覚悟で点を取りに行っていたはずで、どっちに転んでもおかしくないラスト5分だったんだろうけど。大宮にこぼれたという感じ。最後のペドロのゴールはオマケ。切れちゃったディフェンスを軽くかわしてゴールを決めちゃうくらいの足技は充分に持ってるFWなんで。
4点取れた理由はよく分かったし、デニ丸の好調が続くんなら(ペドロに先発を取られちゃったりして発奮したのかな)、大宮にとって好材料なのは確かだけど、終盤の2失点は気にするべきじゃないかな。ここまであんまり点を取れてなかったチームに、立続けに失点してるんだから。
なので、水曜のナビ杯で0-4と聞いても、やっぱりと思ったんだが、かなり選手を入れ替えてたみたいなんで、単純に比較は出来ないみたいだ。
(2008.4.19)

|

« 感想「漢字と中国人」 | トップページ | J1リーグ第6節清水対名古屋 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/40901689

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第6節千葉対大宮:

« 感想「漢字と中国人」 | トップページ | J1リーグ第6節清水対名古屋 »