« J1リーグ第5節名古屋対横浜 | トップページ | 感想「漢字と中国人」 »

感想「道化の町」

「道化の町」 ジェイムズ・パウエル 河出書房新社

ジェイムズ・パウエルの短篇集。
タイトル作を除くと、過去に読んだような読まなかったような、微妙な感じなんだけど、タイトル作以外、全部未訳だったということがあるんだろうか。巻末の解説を読んでもよく分からない。ただ、未訳がかなりいっぱいありそうなので、そうであっても不思議はないのかも。
一言で言っちゃうと、ファンタジー(甘いのも辛いのもある)なテイストのミステリという感じ。独特な雰囲気だが、雰囲気だけではなく、プロットも特殊な舞台設定をうまく生かしたひねりが効いている。
本書を読む前は、加えて「コミカル」という形容詞を考えていたが、確かに辛い作品も、ブラックではあってもユーモアはあるけれど、ちょっと違うかも知れないという気がした。この作家のことを、そんなによく知ってはいなかったということが分かった。こういう短篇集が出てくれたことを喜びたい。

|

« J1リーグ第5節名古屋対横浜 | トップページ | 感想「漢字と中国人」 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/43051516

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「道化の町」:

« J1リーグ第5節名古屋対横浜 | トップページ | 感想「漢字と中国人」 »