« セリーグ 中日対ヤクルト(4/4) | トップページ | 感想「「水滸伝」を読む」 »

「クローバーフィールド」

俺が見たい怪獣映画って、こういうのだよ、みたい映画だった。素晴らしかった。

人によって、切り口は違うはずなんで、あくまでも個人的な感覚だけど、怪獣映画の面白さってのは、基本的には大規模災害パニック映画だと思ってる。超兵器とか、特殊部隊とか、そんなもんはほんとは要らない。災害が起こって、普通の人間が逃げ惑ったり、立ち向かったりするリアリズムに面白さがあるんだと思う。そういう意味では、平成ゴジラシリーズってのは、全然駄目な映画だった。普通の人間の視点のない映画。ただ、別の切り口からは、それはそれで面白みもないではなかったから、最後まで付合ったけど。怪獣のプロレスだって、それはそれで面白いわけで。ただ、それは(自分にとって)本質的な怪獣映画の魅力じゃなかった。

ほんとは怪獣すら居なくてもいい、というのを分からせてくれたのが、何年か前にテレビで偶然、途中から見た、吉本が作った怪獣の出て来ない怪獣映画「大怪獣東京に現る」だった。怪獣が暴れて引き起こされる事件に巻き込まれる人間の方だけを描いた映画。コミカルなタッチだったし、ちょっと合わない所もあったけど、怪獣映画って基本的にはこれでいいんだよな、と思った。
「クローバーフィールド」はあれに近い感覚がある。異常な事態に巻き込まれた人間たちの行動のみを追っていく映画。ただし、トーンはシリアスだし、怪獣も出て来るけど。もちろん、初期のゴジラ映画にもかなり近い。映像の見せ方に、非常にそれを感じた。山根博士も芹沢博士も出てこない所も、(自分にとっての)「ゴジラ(1954)」の面白さの本質を捉えてると思う。
全編、登場人物が撮影した手ぶれしまくったビデオ映像で構成されていて、車酔いしそうな映画として紹介されていたけど、それも現代においてリアリズムを確保する手段ではあるよな(まあ、ちょっと必然性に乏しいかな、というところはあるが)。ちなみに、気分は全然悪くならなかった。

必要以上にグロテスクな映像を入れない所、エンディングテーマのテイストなんかも、よく分かってんじゃん、そうなんだよ、みたいな感じ。
初期の怪獣映画をよく理解した、愛情を持っている製作者が作った映画と感じた。本当にそうなのかどうかは知らないが。
本家のはずの日本で、こういう映画が作られなかったのが残念。いや、知らないだけで、あるのかも知れないけど。あるのなら、見てみたいもの。

いろいろ感想を見ていて、ストーリーに起承転結がないとか、謎だらけのまま終っていて消化不良というのを結構見掛けるんだけど、そもそも、そういうのがないことがリアリズムを醸し出してる映画だと思うんだがな。そういう不満や必要性は全く感じなかった。
(2008.4.6)

|

« セリーグ 中日対ヤクルト(4/4) | トップページ | 感想「「水滸伝」を読む」 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

>本家のはずの日本で、こういう映画が作られなかったのが残念。いや、知らないだけで、あるのかも知れないけど。あるのなら、見てみたいもの。

こうゆう映画は一切ないです(^_^;)。いや、東宝がゴジラをこの手法で作ったら間違いなくエポックメイキングな作品になるでしょうが、上層部の頭の堅いおじいちゃん達や、怪獣グッズで儲けたいたい業者とかの意向であっさりと潰されますわな。 そうしてる内にアメリカで、こんな映画が作られてしまうんだわ。

投稿: NEK | 2008.04.12 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/40796460

この記事へのトラックバック一覧です: 「クローバーフィールド」:

« セリーグ 中日対ヤクルト(4/4) | トップページ | 感想「「水滸伝」を読む」 »