« J1リーグ第12節名古屋対神戸 | トップページ | 感想「モンタルバーノ警部 悲しきバイオリン」 »

セリーグ ヤクルト対広島(5/11)

2008.5.11 18:20 神宮
C 010100000 2
S 000010000 1
[敗]石川、[勝]篠田

  20080511start
石川と篠田の先発。初回は双方快調だったが、石川が2回表先頭の栗原に一発食らって先制される。4回にはシーボルの一発で0対2。打たれながらも抑える、いつものピッチングはそれなりに出来てた気がするけど、オーバーフェンスじゃどうしようもないわな。前回のKOといい、絶好調だった先月に比べると、さすがに調子は落ち気味か?
ヤクルトはランナーを出しつつも篠田を攻め切れなかった。5回には畠山と飯原の連打で無死1-3塁。しかし、ここも石川の代打リグスの、内野ゴロの間の1点に止まる。これが痛かった。
6回以降、ヤクルトは萩原・松岡・押本と繋いで、無失点に抑えたが、打線も広島の継投に抑えられちゃったよ。1対2のまま終了。ヒーローインタビュー(球場外で聞こえた)で、広島の篠田はプロ初先発で初勝利とか言ってたような。
  20080511end
畠山が当ってるぽかったのが頼もしかったが…。ついに1軍定着出来る日が来たんだろうか。9回の無死1塁は、バントじゃなくて、普通に打たせたかったな。攻撃に関して、全体的に少し手堅くやろうとし過ぎじゃないかという気がした。バントで送っても結局最後はタイムリーが必要なんだし、それなら打率が上で長打もある、畠山や飯原に打たせてしまった方が可能性が高いのでは。手堅く行こうとしても、バントや走塁をミスってばっかりいた去年までに較べりゃあ、確実に送れる分、今年の方が全然マシではあるけれど。

それはそうと、こないだナゴヤ球場で見て、いいピッチャーだなと思った広島の大島は、ウエスタンの防御率1位かなんかで、3月4月の月間MVPだったらしい。なるほどね、と思ってたが、1軍に上がって、今日はベンチ入りしてたようだった。見れたらいいなと思ったが、出て来なかった。先発要員かな。

|

« J1リーグ第12節名古屋対神戸 | トップページ | 感想「モンタルバーノ警部 悲しきバイオリン」 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/41176773

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対広島(5/11):

« J1リーグ第12節名古屋対神戸 | トップページ | 感想「モンタルバーノ警部 悲しきバイオリン」 »