« J1リーグ第13節川崎対大宮 | トップページ | 感想「モスラの精神史」 »

交流戦 西武対ヤクルト(5/21)

2008.5.21 18:00 西武ドーム
S 200111000 5
L 010030000 4
[勝]リオス、[敗]小野寺

交流戦の開幕戦。なんでこのカードだけ1日遅いスタートなんだ?、と思いつつ、見に行った。
  20080521dome
  20080521board
到着は1回表が終わったとこ。どうやって点取ったのか知らんけど(後で記録を見たら、地道にヒットを積み上げて、犠牲フライなんかを絡めて取ったみたいね。いつものように(^^;)、2対0で勝ってた。ウチの先発はリオス。いきなり2四球で1死1-2塁。オイオイ。でもゲッツーで切抜ける。2回にもいきなり2安打され、バントと犠牲フライで1失点。
向うの先発の一久の出来が悪かったねえ。コイツの立上がりが悪いのはよくあることだけど、今日は回が進んでもぱっとしなかった。4回5回とコツコツ加点して4対1。その裏、リオスがヒットと四球でランナー2人出して、ブラゼルに3ラン打たれて同点。こっちもぱっとしねえ。
でも6回、西武2番手の小野寺から慎也が死球。これを2死から衣川がタイムリーで返して、また勝越し。6回はリオスが無難に抑えると、7回からは今や安定感抜群のリリーフトリオが登場。押本と林はともかく、トリオの一角をマツケンが占めているというのが、なんか不思議。あのマツケンが (^^;。7回8回と、西武3番手大沼にうまく捌かれて、駄目押しの追加点は取り損ねたが、トリオが上がり3回を0点で抑え、逃げ切った。
一久に負けを付けられなかったのは残念だけど、引きずり下ろしたということで、まあ、いっかな。
リオスは…。どうにも安定感がないけど、本当にやられたと思った当りは、ブラゼルの一発くらいしかなかったような気もする。いい当りを守備陣が頑張って、よく止めてたというのはあるにしても。過大な期待をしなければ、そこそこのピッチングは出来る投手なのかねえ。でも、打線の援護は欠かせないだろうなあ。
  20080521nakaba

|

« J1リーグ第13節川崎対大宮 | トップページ | 感想「モスラの精神史」 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/41281408

この記事へのトラックバック一覧です: 交流戦 西武対ヤクルト(5/21):

« J1リーグ第13節川崎対大宮 | トップページ | 感想「モスラの精神史」 »