« J1リーグ第10節大宮対FC東京 | トップページ | J1リーグ第11節FC東京対名古屋 »

J1リーグ第10節名古屋対G大阪

JSPORTSの録画中継を見た。

前半は、五分に渡り合ってた試合という印象。バレーに技有り(なのか、単に蹴り損なっただけなのか)の、間合いを外したシュートを決められて先制されたが、直志のパスを受けた小川の鮮やかなミドルで同点。また小川。
後半に入ると、ガンバの動きが落ちて、名古屋優勢の試合になってたと思うんだが、バレーの楢崎をうまくかわす個人技で突き放される。その後は名古屋が猛攻。ガンバは動きが止まって、ゴール前にほぼ釘付け。やっぱ疲労の蓄積? 名古屋は押し込み放しで、決定的な形を何度作ったろう。でもガンバに粘り強く守られ、追い付けないまま敗戦で3連敗。

名古屋はツキもなかったけど、前節にガンバと対戦した大宮に比べると、攻め方が真っ正直過ぎたかも知れない。シュート直後のこぼれ球を拾いにいく抜け目無さとか、ファールを誘うような突っかけ方とか。まあ、ガンバも学習していて、大宮戦のような過ちを犯さなかった、と言えるのかも知れないが。
得点者を見て、またバレーかよ、と思ってたが、外してるシュートもかなりあったし、らしさを炸裂させてはいた。それでもクサらず、積極的にシュートを打ち続けた結果、生まれた2ゴールってとこか。確かに大宮戦では、ここまで思い切り良く打ってなかった気がする。西野に積極性を言われて、心がけた成果なのかも。まあ、結果的にバレーにやられた試合だったことには間違いない。本当に天敵。
名古屋は、ヴェルディ戦や川崎戦を考えたら、この試合は内容的には随分いい試合をしてたと思うが、そろそろ勝てなかったことがプレッシャーでのしかかって来そうだ。次、勝たないと、ぼちぼち本当にヤバくなっちまいそうな気がする。
玉田に、ちょっと思い切りの良さがなかったような気がする。早めに杉本と変ったのは故障? その影響もあった? 杉本は思い切り良く攻めていて、悪くはなかったけども、もう少し巧ければ、というのは、ないものねだりだよな。
(2008.5.6)

|

« J1リーグ第10節大宮対FC東京 | トップページ | J1リーグ第11節FC東京対名古屋 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/41170037

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第10節名古屋対G大阪:

« J1リーグ第10節大宮対FC東京 | トップページ | J1リーグ第11節FC東京対名古屋 »