« J1リーグ第10節名古屋対G大阪 | トップページ | J1リーグ第11節横浜対大宮 »

J1リーグ第11節FC東京対名古屋

2008.5.6(火) 15時 味の素スタジアム

名古屋は玉田が欠場。ガンバ戦の負傷の影響? 代りに杉本が入ったけど、布陣自体いじってた感じで、ヨンセンを1トップに置いた4-5-1ぽく見えた。杉本は右サイドで、マギヌンがトップ下みたいな感じ。
東京も、梶山の出場停止の影響なのか、前節とかなり様変わりしてた。前節の試合内容自体、多分に大宮の自滅ゲームだったので、一体東京がどういう試合をしてくるのか、まるで分らなかったが、始まってみると、普通に組み合ってたかなと。前節のように特に様子見から入った印象もなく、トップのカボレをターゲットにしながら、普通に仕掛けてた感じ。プレーの精度という点では、それほど大したものはなくて、名古屋が無難に守ってたと思う。まあ、名古屋も似たようなもんだったが…。一応、2位と3位の戦いだったが、双方とも雑なプレーが目立ってた。連戦の疲れはあるんだろうけどね。
名古屋は見るからに動きが鈍かったが、1対1では優勢で、それで持ちこたえていたかなと。
16分、バックラインの裏への小川のスルーパスに杉本が反応し、ゴールを決めて先制。
それで一気に名古屋に流れが来るかというと、そんなこともなく、潰し合い、潰れ合いで時間は過ぎて行った。ただ、名古屋の得点の後、東京がややアグレッシブな動きになっていたかもしれない。後半に入ると、東京の運動量での優位がいよいよ顕著になったが、決定的な場面は、守備で要所を抑えつつ、カウンターを繰り出した名古屋の方が多かったんじゃないかな。ただ、ヨンセンを含め、決め切れない。
こういうことやってると、つまんない失点をするんだよな、と思ってた80分頃、カボレにバックラインの裏へ抜け出される決定的ピンチ。楢崎が飛出したが、カボレと交錯して倒してPK。あー、やっぱり、と思ったが、このPKは近藤が蹴ったが、バー直撃で決まらない。
終盤、足が止まって、完全に守りに入った名古屋に東京が猛攻を仕掛け、終了寸前には決定的なシュート(近藤が続けざまに2発)も打たれるが楢崎がセーブし、フラフラな状態ながら、なんとか逃げ切った。
内容的にはどうよという試合だったが、今日に関しては、勝つことが重要だったと思うし、とにかく、良かった(^_^;)。

  20080506board
  20080506flag
  20080506stad

|

« J1リーグ第10節名古屋対G大阪 | トップページ | J1リーグ第11節横浜対大宮 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/41170068

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第11節FC東京対名古屋:

« J1リーグ第10節名古屋対G大阪 | トップページ | J1リーグ第11節横浜対大宮 »