« J1リーグ第12節大宮対札幌 | トップページ | セリーグ ヤクルト対広島(5/11) »

J1リーグ第12節名古屋対神戸

2008.5.10(土) 19時 瑞穂陸上競技場 雨

JSPORTSの録画中継を録画で見た。

TVでは、試合に結構影響がありそうな雨が降ってるように見えた。
立上がりはカウンターの応酬で、交互に双方のゴール前に迫ったが、次第に落ち着くと、以降は名古屋優勢で進んだ感じ。でも、とうとう最後まで、攻め切れないまま、スコアレスドロー。こういう試合を見ると、いつも思うことだけど、杉本がもっとシュートがうまけりゃな(^_^;)
名古屋はそれなりに走ってはいたし、あれだけ攻めてりゃ、今年のチームなら、何とか1点くらいは取れそうなもんだったが、神戸のゴール前への戻りの速さ、ゴール前での守備の集中力の高さを破れなかった。本当に決定的な場面を作ること自体、あんまり出来てなかったし。
仕掛けに手数を掛けすぎて、神戸に対処する時間を与えてしまっていたように見える場面も、ないではなかったけど、ここまで勝って来た試合に較べて、そういう所が本当に悪かったという確信はない。少なくともヴェルディ戦みたいに、明らかに動きが鈍い試合じゃなかったと思う。
ただ、パスミスの多さは目立ってたけど。神戸も同様だったし、雨や連戦の疲労の影響が確実にあったとは思うが。
特に目に付いたのは、残り10分を切った辺りで、大久保が負傷で退き、交代枠が終わってた神戸が10人になり、数的優位を得てからの試合運びの拙さ。守りを固める相手のゴールを力づくでこじ開けるんなら、この時間帯だったはずだけど、ミスでボールを失う場面が多く、優位を生かせていたようには見えなかった。そういえばFC東京戦の時も、長友が負傷してピッチの外に出ていた時間帯、そんな感じだったんだよな。それでもあの時は、長友が戻る寸前に杉本がゴールを決めて、辛うじて数的優位を生かした形になったけど、この日はそうはいかなかった。チャンスだと思って、意識し過ぎて逆効果になっちまうのかね。
(2008.5.15)

|

« J1リーグ第12節大宮対札幌 | トップページ | セリーグ ヤクルト対広島(5/11) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/41170106

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第12節名古屋対神戸:

« J1リーグ第12節大宮対札幌 | トップページ | セリーグ ヤクルト対広島(5/11) »