« J1リーグ第7節名古屋対千葉 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対楽天(4/23) »

J1リーグ第7節浦和対大宮

2008.4.20(日) 16時 埼玉スタジアム2002

 浦和レッドダイヤモンズ 0(0-0)0 大宮アルディージャ
              (0-0)

見に行ってきた。
今年の大宮は、攻撃的を標榜してる分、ディフェンスは結構ボロイと思っているので、調子を取り戻したらしい浦和の攻撃には持ちこたえられんだろう、と思っていた。

全然(^^;。

つーか、浦和、調子を取り戻したんじゃないんかい。見たのは、第2節の名古屋戦以来だったが、さすがにサイドを割っちゃう問題外のプレーこそ、ほとんどなかったものの、走ら(れ?)ない、連携が無い、当りに弱いは、あの時から何も変わってなかった。まったりしたスローペースが持ち味の大宮が、いつも通りのサッカーをしていて、それでも浦和より速く見えるという、恐ろしい展開(^^;。
なので、終始大宮優勢で進んだ試合だったが、やっぱり大宮にはゴールに向う選択肢が乏し過ぎた。基本的には、先発したデニ丸、途中から入ったペドロJrの個人技頼み、それ以外はセットプレーくらいしか得点のチャンスはなく、浦和の3バック(阿部、堀之内、堤)はそれでも粘り強く守っていたから、ブラジル人2トップの突破は止められ(いや、ペドロはともかく、デニ丸はサポートが乏しい中で、よく頑張っていたとは思うが、ゴールまではちょっと力及ばずだった)、ゴール前のセットプレーも回数自体少なく、少ないチャンスも決められず。
むしろ85分以降に、途中出場した山田が撃った枠を捉えたミドル(江角が好セーブ)、ロスタイム?に永井のヘッドがポストを叩いた浦和の方が、ゴールには近かったかも知れない。でも、浦和のまともなシュートって、実はこの2発くらいしかなかったかもだ(^^;。

で、結果はスコアレスドロー。大宮テイストに浦和がどっぷり嵌まり込んで、いかにも大宮的ではあるが、見所皆無の試合だった。基本的には大宮が勝ち点2をロストした試合だと思うな。本気で上を狙うんなら、得点を決める方法を、早急に編み出した方がいいと思う。そういえば、流れからは、金澤がサイドからいいタイミングでゴール前へ入って来て、シュートを撃つ場面が何度かあったんだけど、決め切れなかったのは惜しかったな。あの辺はカギかも知れないね。ある意味、かつての久永の動きだと思う。
あと、今日は江角が完璧だった。GKをタッチに蹴り出さないし(^^;、シュートを受けてもファンブルしないし(^^;。浦和完封の立役者の一人じゃないかな。もっとも、今日の浦和を完封するのは、それほど難しかったとも思えないが。

浦和については、戦術がないって言うんで、オジェックを追い出したんだと思ったんだが、今日の浦和には戦術なんてカケラも見えなかった。あえて言うなら、一人で走り回ってたツリオが戦術か?(^^;。一人で何もかもやろうとし過ぎて、息切れしてる感じだったが。
なんでこのチームが、こんなんで鹿島に勝てたんだろう。

  20080420board

|

« J1リーグ第7節名古屋対千葉 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対楽天(4/23) »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/41061192

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第7節浦和対大宮:

« J1リーグ第7節名古屋対千葉 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対楽天(4/23) »