« セリーグ ヤクルト対中日(4/26) | トップページ | ウエスタンリーグ 中日対広島(4/29) »

J1リーグ第8節大宮対鹿島

2008.4.27(日) 16時 NACK5スタジアム大宮

 大宮アルディージャ 1(0-1)1 鹿島アントラーズ
            (1-0)

大宮にとって鹿島は、仙スタでの天皇杯準々決勝で勝ったことはあるけど、リーグ戦では過去1分5敗の相手。しかもホームは全敗だし、毎回、とても歯が立たないという試合をされちゃってる苦手チーム。勝ち目はないんじゃねえかなと思ってた。

スタメンを見ると、新井場、内田、マルキ、本山が居ない。故障者が多いってのは聞いてたし、そのせいかなと。でも、駄目だったすね。中盤の競り合いは鹿島が優勢だし、田代とコウロギの2トップにも、いいようにかき回されてた。それでも全然歯が立たないという雰囲気ではなかったし、ミドルレンジからそこそこシュートは撃ってたんだけど、ほとんどが曽ヶ端に簡単に見切られちゃうようなレベルのシュートだったし、27分にはコオロギの個人技でまんまとゴールを決められて0-1。やっぱりね、という感じ。
後半に入ると、次第に鹿島のワンサイドゲームのような状態になり始め、いつもの鹿島戦だなあ、と思ってた。ただ、鹿島は疲れが出て来たのか、次第にペースが落ちてきて、大宮が競り勝てる場面が増えた印象。そりゃあ、水曜に北京で試合をやってるんだからねえ。それでもなかなかゴール前まではボールを運べなかったが、後半30分、ペナルティエリアの左横で吉原が倒されFK。大悟が蹴ったボールをファーでレアンドロが折り返し、慶行がディフェンダーに競り勝って押し込んで同点。かなり事故っぽいゴールでの同点で、鹿島はかなり気落ちした感じ。一方、大宮は一気に盛り上がって、ここから圧倒的な攻勢を見せた。同点ゴールの直前に投入されたペドロJrのバー直撃を筆頭に、惜しいシュートが山ほど。でも1本も決まらないまま、1-1ドローで終了。

大宮は勝ったような喜び方だったが、まあ、あそこまで行ったんなら、勝たんといかん試合だったろう。途中までのまた駄目か感を考えたら、喜ぶ理由も分かるんだけどね。鹿島に対する苦手感も払拭出来たんじゃないかとも思う。
鹿島にとっては、ダメージが大き過ぎる引分け。
客観的に見たら、痛み分けという感じなんだけど、心理的には大宮が儲けた試合だろうな。

  20080427board
  20080427risu
      20080427tikara

|

« セリーグ ヤクルト対中日(4/26) | トップページ | ウエスタンリーグ 中日対広島(4/29) »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/41061364

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第8節大宮対鹿島:

« セリーグ ヤクルト対中日(4/26) | トップページ | ウエスタンリーグ 中日対広島(4/29) »