« J1リーグ第14節柏対浦和 | トップページ | 感想「逃げる殺し屋」 »

J1リーグ第14節名古屋対鹿島

2008.6.28(土) 19時 瑞穂陸上競技場 雨 
観客18215人 主審 岡田正義 副審 抱山公彦、大塚晴弘

 名古屋グランパスエイト 0(0-2)4 鹿島アントラーズ 
              (0−2)

 得点 4分 鹿島・マルキーニョス
    28分 鹿島・小笠原
    79分 鹿島・ダニーロ
    89分 鹿島・マルキーニョス

 名古屋 楢崎(GK)、バヤリッツァ、吉田、増川、阿部、
    小川、吉村(64分藤田)、山口、深井(55分杉本)、
    玉田、ヨンセン(70分巻)
 鹿島 曽ヶ端(GK)、内田、岩政、伊野波(81分中後)、新井場、
    青木、小笠原、本山(45分ダニーロ)、野沢(72分増田)、
    マルキーニョス、田代

 警告 名古屋 バヤリッツァ(5)、吉村(2)、吉田(2)、増川(1)
    鹿島 伊野波、内田、ダニーロ

JSPORTSの録画中継を見た。
結果は当然知ってて、覚悟して見たが、内容的にはそこまでボロボロだったという感じでも…。ただ、負けるべくして負けた試合という気はしたよ。

開始早々の最初の失点は、やっぱり中継でしきりに言ってた試合勘の鈍りだったのかな。鹿島は水曜に試合をしてるから、体力的にはウチの方が有利と思ってたが、試合勘的には逆に不利だったか。失点しても、なんとかなるのが今年のウチだけど、その後、ヨンセンの同点ゴールがオフサイドで取り消しになって、小笠原にとんでもないミドルを決められて0-2になって、楢崎がとんでもないファンブルをして0-3になりかけて(田代がシュートをミスってくれて助かったが)、とどめは玉田が自分で得たPKを大外しして。前半だけで、これだけネガティブな出来事が次々起きれば、勝てる方が不思議。ツキもなかったとは思うけど、やっぱりなんか、焦ってた気がする。直志が警告累積で停止で、マギヌンも道交法違反で(^^;出場停止で戦力的にはやや不足。雨が降っててコンディション不良だけど、観客は異様に入ってる。プレッシャーに負けたのかもな。
ハーフタイムのピクシーのコメントが、選手の動揺を抑えるようなものだったのも、その辺を考えてのことだったように感じた。後半はそれなりに建て直して(というか、前半だって、玉田がPK決めてりゃ1-2だ。もっとも、田代に決められてれば1-3だけど)、チャンスの数だけなら鹿島を大きく上回ってたと思うんだが、うまく防がれて得点出来ずにいるうちに、終盤、弱ってきた所で、ダニーロにも結構凄いのをぶち込まれ、ロスタイムには内田にカウンターで走られ、マルキに決められて惨敗。

マギヌンの代役の深井は、そんなに悪くなかった気がする。気合いが入り過ぎで、自分で強引に行き過ぎた感はないでもなかったけど。
まあ、それを言えば、直志の代役の慶も含めて、明らかに出来が悪かったという選手は、特に誰も居なかった気がするし、単に鹿島が強かったということになっちまうような…。それだと、8/23に向けて、あまりにも希望がない(^^;。とはいえ、この出来なら、昨日生で見た2試合の、柏以外の3チームが相手なら、勝てたんじゃないかとも思うわけで。

そうは言っても、雨なのにあれだけ観客が入ってた試合で、この惨敗はないよな。チームの成績への影響はともかく、営業的にも痛過ぎる。そういう意味では、絶対負けたらいかん試合だったと思うんだが(それもプレッシャーの一部だったか?)。
休養明けリスタートの失敗はお馴染みで、いつもだと、このままズルズルだが。この後、ナビ杯準々決勝第1戦に、リーグ戦未勝利のアウェイ新潟と続くのが、厳しい感じなのも、なんかイヤ。惨敗は相手が強かったからしゃあないとでも割り切って、立て直したいところだけどな。

|

« J1リーグ第14節柏対浦和 | トップページ | 感想「逃げる殺し屋」 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/41689071

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第14節名古屋対鹿島:

« J1リーグ第14節柏対浦和 | トップページ | 感想「逃げる殺し屋」 »