« J1リーグ第14節大宮対東京V | トップページ | J1リーグ第14節名古屋対鹿島 »

J1リーグ第14節柏対浦和

2008.6.28(土) 19時 国立競技場 曇
観客36785人 主審 東城穣 副審 山崎裕彦、武田進

 柏レイソル 2(1-0)1 浦和レッドダイヤモンズ 
        (1−1)

 得点 29分 柏・李
    63分 浦和・阿部
    84分 柏・太田

 柏  菅野(GK)、藏川、古賀、小林、大谷、山根、
    アレックス(70分フランサ)、太田、鎌田、
    李、ポポ
 浦和 都築(GK)、坪井、堀之内、阿部、三都主(15分相馬)、
    平川、闘莉王、鈴木、ポンテ(80分梅崎)、
    高原(63分永井)、エジミウソン

 警告 柏  大谷
    浦和 エジミウソン

ちょいとお付き合いで、熊谷から国立へ転戦。16時前、試合終了と同時に熊谷のスタジアムを出て、千駄ヶ谷駅に着いたのが17時半過ぎだった。

立上がりは双方が前へ蹴り合うだけの、かなりしょうもない展開だったが、柏が次第にリズムを掴んだ。両サイドが中央と連携しつつ上がっていくようになり、ショートパスを繋ぎながらの速い攻めで、浦和のディフェンスを切り裂き始めた。26分に右SB藏川がゴール前に切れ込んで撃ったシュートはバーに弾かれたが、29分に浦和のカウンターをカットしたアレックス(?)からのボールを、上げようとしていた浦和のバックラインの裏へ、タイミング良く飛出した李が受けて、都築の中途半端な飛出しをかわして先制ゴール。
その後も柏は、いい形で何度もゴールに迫るが、詰めが甘くて追加点が入らない。こういうことやってると、ツケが廻るんだよな、と思ってたら、後半18分に浦和がポンテのFKから阿部が同点ゴール。直後に相変わらず役に立たない高原が永井に代わったこともあり、このまま浦和がゴリ押し気味に主導権を握りそうに思えたんだけど、柏は菅野の好守もあって持ちこたえ、後半25分に入ったフランサが次第に攻撃を掌握。40分には右サイドへパスを送り、上がって来た太田がそのまま持ち込んで勝越しゴールを決め、そのまま柏が勝った。

柏は名古屋的にいろいろ因縁があるんで、近年は必ずしも好感を持ってるチームじゃないが、今日の試合っぷりは見ていて面白かった。成行きで名古屋の次に肩入れしてた95-97年頃を思い出した。あの頃の柏は面白くて好きだったな。それと、去年の横浜FCではよく分からなかったけど、確かに菅野はいいGKだと思った。プレーが確実だし、反応もいい。相手GKの都築が反応だけのGKだったから、よけい目立ったのかも知れない。(あれだけ反応がいいのも大したもんではあるけど。GKが都築じゃなかったら、もっと浦和がボコボコにされる試合になってたはず)
浦和はボロかった。ナビ杯は主力が欠けてるからこんなもんなんだろうと思ってたけど、主力が戻っても、阿部が入った守備に、多少粘りが出てきたくらい。闘莉王の覇気の無さは異様だったし、開始15分で痛んで引っ込んだアレックスは、一体何のために出てきたのやら。 首位チームのくせに、なんでここまで雰囲気が悪いんだか。目標が高過ぎるのかね(^^;。

  20080628kboard
  20080628kstart
  20080628kashiwa

|

« J1リーグ第14節大宮対東京V | トップページ | J1リーグ第14節名古屋対鹿島 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/41688328

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第14節柏対浦和:

« J1リーグ第14節大宮対東京V | トップページ | J1リーグ第14節名古屋対鹿島 »