« 感想「落語の国からのぞいてみれば」 | トップページ | セリーグ ヤクルト対横浜(7/9) »

J1リーグ第15節神戸対大宮

2008.7.5(土) 19時 ホームズスタジアム 屋内

JSPORTSの録画中継を録画していたものを、12日の午前中、磐田戦に出掛ける前に、やっと見た。

立上がりは大宮がやや優勢に見えたし、いい形も作ったが、9分に左SB石櫃からのロングフィードを大久保がはたき、受けたレアンドロがペナルティエリア外から思いきりよく、撃ったシュートが決まって神戸が先制。
以降は神戸ペース。前線からの出足のいいプレスに、大宮のまったりしたパス回しはカットされまくって、神戸の猛攻の起点にしかならなかった。レアンドロの張切りぶりは、やはりかつて解雇された遺恨か? あと左サイドハーフの栗原が速い速い。もういい年なのに(^_^;)。ボランチの金南一と松岡も、よくボールを奪っては前線に送り、自分でもミドルを撃ち、いい形を作っていたよな。あれでもう少しプレーに精度があれば、大宮は惨敗していたろう。神戸は勢いがあるのはいいが、ちょっと雑過ぎた感じ。
後半はさすがに神戸の勢いが落ちて、これは予想通り。その結果、大宮はある程度試合が作れるようになり、デニス・マルケスを軸にチャンスも何度か作ったが、展開的に五分以上の戦いまでは持っていけなかった。そこまでは神戸の気力が持った。あと、GKの徳重が安定していたと思う。
大宮はデニス・マルケス以外に頼りになりそうなメンツがいないのが痛い。主税はまだ勢いがあるみたいだが、ちょっと落ち気味かも知れない。序盤に金南一とのイザコザでつまらない警告を貰っていたけど(頭突きされて倒れたが、主審に取り合ってもらえず、食い下がってるうちに警告。そういやあ、以前の神戸戦で、波戸が似たようなドツキをやって、退場になったっけなあ)、ああいうのはある程度、本人のコンディションや運気を示しているんじゃないのかな。そのまま敗戦。ただ、ヴェルディ戦(あの試合は勝ったとはいえ)の内容を思えば、予想出来た結果じゃないかな、という気はした。

|

« 感想「落語の国からのぞいてみれば」 | トップページ | セリーグ ヤクルト対横浜(7/9) »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/41825740

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第15節神戸対大宮:

« 感想「落語の国からのぞいてみれば」 | トップページ | セリーグ ヤクルト対横浜(7/9) »