« イースタンリーグ ヤクルト対西武(7/16) | トップページ | J1リーグ第17節磐田対名古屋 »

J1リーグ第16節名古屋対柏

2008.7.12(土) 19時 瑞穂陸上競技場 晴
観客11717人 主審 吉田寿光 副審 安元利充、平野伸一

 名古屋グランパス 1(0-0)0 柏レイソル
           (1−0)

 得点 64分 名古屋・ヨンセン

 名古屋 楢崎(GK)、竹内、吉田、増川、阿部、
    小川、吉村、中村(45分山口)、藤田(57分マギヌン)、
    玉田(70分杉本)、ヨンセン
 柏  菅野(GK)、藏川、古賀、小林、大谷、
    太田、山根、鎌田(66分アレックス)、ポポ(84分菅沼)、
    フランサ、李忠成(76分鈴木)

 退場 87分 柏・古賀(警告2回)

 警告 名古屋 中村(5)、吉村(4)、玉田(1)
    柏 なし

JSPORTSの録画中継を録画で見たもの。

序盤は、全体的には名古屋のポゼッションが高いようなんだけど、柏の出足の速さに負けてボールを取られて、そこからカウンター一気で攻められる展開。国立で見た浦和戦と、柏のイメージはそんなに違わなかった。太田や藏川の切れっぷりとか。ただ、フランサが頭から居た点が違っていて、いやらしいパスは繰り出すものの、シューターとしては外れっぽく、それで助かっていたような気がする。俺が見てる試合のフランサって、結構いつもそうだ。相性が悪い(いい?)のかな。
柏はゴールを決められずにいるうちに、だんだん動きが落ちてきて、あんまり怖さがなくなってきた。暑かったせいなのかなあ。逆に名古屋は、後になるにつれて、動きが良くなってきたような…。名古屋対柏では、ありえなそうな話だけど、対戦相手の調子との相対的なもんではあるから、ないとはいえないのかな。特に後半15分くらいにマギヌンが投入されて、一気に活性化した。19分には、玉田が左サイドで厳しいプレッシャーを掛けて、ボールを奪って小川へパス。そこから右サイドのマギヌン、折り返してゴール前のヨンセンが個人技で難しいゴールを決めて先制。この辺の流れは見事だったな。マギヌンでなきゃ出来ないプレー、とまでは思わないんだけど、周りが見えてて余裕があったという気はする。深井にはそれがなかったな。
以降、多少、危ない場面もなかったわけではないけど、ほぼ名古屋が主導権を握った形で試合は推移して、そのまま勝利。柏は次第に動きが鈍った上に、ミスも多かったから、名古屋も決してミスがなかったわけじゃないけど、助けられたなと思う。

古賀の退場は笑わせてもらった(^^:。なんせ88分か、その辺なんで、試合の結果にはほとんど関係なかったはずだが、名古屋サポに大サービスって感じだよな。また頼むよ。ブーイング大会も、コガマサヒロ・コールもいかしてたね。その場に自分が居らんかったのが残念だ(^^;。

(2008.7.16)

|

« イースタンリーグ ヤクルト対西武(7/16) | トップページ | J1リーグ第17節磐田対名古屋 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/41972701

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第16節名古屋対柏:

« イースタンリーグ ヤクルト対西武(7/16) | トップページ | J1リーグ第17節磐田対名古屋 »