« J1リーグ第16節名古屋対柏 | トップページ | J1リーグ第17節柏対大宮 »

J1リーグ第17節磐田対名古屋

2008.7.17(木) 19時 ヤマハスタジアム 晴
観客8216人 主審 山西博文 副審 間島宗一、長谷忠志

 ジュビロ磐田 2(0-1)1 名古屋グランパス 
         (2−0)

 得点 4分 名古屋・小川
    47分 磐田・茶野
    49分 磐田・成岡

 磐田 川口(GK)、鈴木、田中、茶野、
    駒野、成岡(86分大井)、上田、村井(71分犬塚)、
    ジウシーニョ(81分松浦)、カレン・ロバート、前田
 名古屋 楢崎(GK)、竹内(71分津田)、吉田、増川、阿部、
    小川、山口、中村(65分花井)、マギヌン、
    杉本(62分巻)、ヨンセン

 警告 磐田 村井
    名古屋 なし

JSPORTSの録画中継を録画で見たもの。

前節比較で、吉村が警告累積で出場停止、玉田が体調不良とかで欠場。その結果、中盤から前は大きく組み直しで、慶の1ボランチの前に直志と小川が入り、両サイドをマギヌンと杉本、1トップ・ヨンセンのような形。

慣れない布陣への不安感からなのか、立上がりの名古屋は、えらく攻め急いでいる感じだった。どんどん前へ出て行って、シュートもばんばん打つ。あんまりそういうのって、うまく行かないことの方が多い気がするんだけど、この日はそれが奏功して、5分に小川が先制。小川へ出る前の展開で、右サイドでマギヌンが持ったが、磐田の寄せが来たので、逆サイド前方へ大きくサイドチェンジのパスを繰り出し、それを杉本が走り込んで受け、中へ送り、磐田ディフェンスの対応が遅れた所へ小川が突っ込んで蹴り込んだ。ダイナミックな展開で、かなり素晴らしいゴール。ただ、杉本のトラップが、どうも左手(左前足?)のように見えたんだが(^^;。
それ以降の名古屋は、ほっとしたせいなのか、いきなりペースダウンして、磐田の猛攻を受けた。いつもと違うシステムで、中盤の底が薄い所を突かれていた感じ。今までとは逆に、シュートばんばん打たれ、なんとかしのいだが、かなりやばい時間帯だった。25分くらいまで、磐田の猛攻が続いたんじゃないかな。そこで名古屋が左サイドからいい展開の攻めをひとつ見せて、それがきっかけになったように、試合はやや膠着。前半1-0リードで折り返し。
後半、やっぱり前半の磐田の猛攻が応えたのか、システム変更で、直志を一列下げて2ボランチ。これに合わせて、マギヌンが中へ入って、小川がサイドへ出たみたい。でもシステムをいじってた直後で、多分、まだ選手同士の調整が済んでない時間帯に、ばたばたと続けて2失点。最初の茶野のCKからの失点は、システムはあんまり関係ないだろ、という気はするが、まだチームが落ち着いてなかったのかも知れない。その後の、成岡のミドルの逆転ゴールは、シュート自体はちょっとどうしようもなかったかな、という気がするが、そこへ至るまでに、ジウシーニョ、上田に、振り回されてた。失点直後とシステム変更の影響で、バタついてたなという印象。
その後は、名古屋が次第に攻勢を強めて、終盤には決定的な場面も何度か作ったんだけど、とうとう追い付けないまま。
内容はそんなに悪くなくて、先行きを悲観するようなものではないと思うけど、勝負強さという点ではまだまだか、という感じ。後半立上がりのバタバタが悔やまれる。
後半途中から入った花井が、多分リーグ戦初出場で、気の利いたパスとか、巧い倒れ込みとか(^^;見せていて、こいつは結構いけるんじゃないか?、と思った。まあ、まだまだ分からないけど、それは収穫かな。

それにしても、磐田は思いの外、強い(^^;。大宮戦、名古屋戦と見て、2連勝だし、内容もそれなりに伴っているし。なんで、あんなに低迷してたのか、そっちの方が不思議だ.

(2008.7.20)

|

« J1リーグ第16節名古屋対柏 | トップページ | J1リーグ第17節柏対大宮 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/41972741

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第17節磐田対名古屋:

« J1リーグ第16節名古屋対柏 | トップページ | J1リーグ第17節柏対大宮 »