« 2008年グランパス日程 | トップページ | 感想「古代東北と王権」 »

J1リーグ第19節大宮対清水

2008.7.27(日) 19時30分 NACK5スタジアム大宮

チケットは持っていたが、体調不良のため、観戦を断念。テレビ埼玉の生中継を見ようと思った。
そしたら、18時キックオフ予定が激しい雷雨で19時半まで遅延。あまりにもヒドイ天候だったので、行くのをやめて良かったと思ったが(元気だったとしても、その場に居たくないような凄まじい雷雨だった)、中継開始も遅れ、時間枠延長がなかったために、中継は前半半ばで終了。後日JSPORTSの録画中継の録画で見直し。感想は主にそっちによるもの。

序盤の印象は、テンション高い攻め合いの試合だな、というもの。清水は知らないが、大宮がこういう試合の入り方をするのは、少し珍しいような気がする。相手チームとの力関係の問題もあるのかも知れないが。清水は過去対戦成績は全くの五分なんだそうで、この試合の時点では勝ち点差が同じで得失点差だけで大宮が14位、清水が15位。拮抗した試合に、なるべくしてなったというところか。
ゴール前までボールを持って行くのは清水の方が上手かったように思うが、決め切れない。大宮もミドルシュートが主体ながら、それなりに相手ゴールを脅かしたけど、得点には至らず。大宮の得点力不足は分かってることだが、清水も春先に日本平で名古屋戦を見た時に、点を取れそうな選手がいないねえと思った覚えがあり、その時は居なくて、この日はスタメンだった藤本淳も、開始早々、慶行のタックルを受けて退場(骨折で全治3か月らしい…)では、やはり人材不足は否めないかな、という感じ。
大宮はそれでもデニマルとコータの2トップで、コータがいい抜け出しを何度か見せていた。決め切れないとこは、いつものコータだったが、活気のある攻撃が見られた一因は、やっぱりコータの起用だろう。
試合はスコアレスで推移し、次第にゴール前での際どい場面が減って、中盤での潰し合いが主体になっていったが、それでも双方よく動いていて、それなりに面白い試合になってた気がする。
終盤に向っては、また決定的な場面が増えて行った。ゴール前に枚数が入って、押し込もうという迫力がより強く感じられたのは、やっぱり清水の方だったと思うが(ポストの跳ね返りで、きわどく救われたシュートが1本あったな)、大宮も後半半ばに、裏へ抜けたデニマルが後方から来たボールのトラップをミスらなければ、ほぼ1点だったという場面があり、終了近くには右斜め手前で得たFKを、代打で(^^;入ったハヤトがファーに蹴って、ラフリッチが折り返して森田が打抜き、先制ゴール、という格好いい場面もあったんだけど、ラフリッチがオフサイドでノーゴール。ラフリッチは呪いがかかってるかねえ。デビュー戦に続いて、きわどい(リプレイを見て、出てるとしても半身以下だよなと思った)オフサイドで貢献出来ない。
結局、双方攻め切れないままスコアレスドロー。まあ、ふさわしい結末という感も、ないではないが。

大宮も、この日はそんなに悪くない試合はしてたと思うし、それなりに良くなる芽はあると思うんだけど。
それこそ、ラフリッチをターゲットにして、がんがん当てていくサッカーとか(ラフリッチでなくても、森田でも出来ると思うけどね)、コータをもっと信用して使い続けるとか、プレースはヘタレだし、気も利かない大悟はしばらく見切って、明らかに今、チームで一番いいプレースを蹴るハヤトを起用するとか。
敢えてラフリッチを獲得しなくても、手駒だけでチーム状態を変えることは出来たはずじゃないかと思うし、そうはいっても獲ったもんは獲ったもんでしょうがないから、生かす方法を考えていかなきゃ。でも、今のチームの試合運びを見ていると、それがちゃんと考えられているようには、あんまり思えないんだな。何が悪いんだろうか。

ところで発表されている観客数は1万人を越えてるが、中継の画面を見る限り、そんなに居たようには…。雷雨遅延で帰っちゃった人は結構居たんじゃないかと思うんだが、試合開始まで、どれくらい残ってたんだろうか。あの雨じゃあ、スタジアムを出て帰るのも難儀だったとは思うが。
(2008.7.30)

|

« 2008年グランパス日程 | トップページ | 感想「古代東北と王権」 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/41989078

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第19節大宮対清水:

« 2008年グランパス日程 | トップページ | 感想「古代東北と王権」 »