« 感想「逃げる殺し屋」 | トップページ | J1リーグ第15節新潟対名古屋 »

ナビスコ杯準々決勝千葉対名古屋

2008.7.2(水) 19時 フクダ電子アリーナ 晴
観客8472人 主審 村上伸次 副審 相樂亨、二俣敏明

 ジェフユナイテッド千葉 0(0-1)1 名古屋グランパス
              (0-0)

 得点 14分 名古屋・ヨンセン

 千葉 立石(GK)、坂本、池田、ボスナー、青木良
    斎藤、谷澤(83分松本)、工藤、下村、
    苔口(84分レイナウド)、巻
 名古屋 楢崎(GK)、竹内、バヤリッツァ、増川、阿部、
    中村、吉村、深井(62分米山)、小川、
    ヨンセン(66分巻)、玉田(45分杉本)

 警告 千葉 谷澤、巻
    名古屋 深井(1)、竹内(1)

見に行っていた。名古屋の先発は、土曜の鹿島戦との比較では、直志が復帰。あと右SBに竹内で、CBが増川とバヤリッツァ。まあ、組める範囲でベストメンバーかなと。千葉は、日頃は知らんけど、レイナウドは控だし新居はベンチにも居ないし、リーグ戦を考えて温存?

名古屋は球は回せるけど、決定機になかなか持ってけないもどかしい展開。千葉が4-1-4-1みたいな陣形で両サイドを手堅く守って来たので、サイドからなかなか崩せないし、ゴール前へのクロスもうまく入れられない。14分に小川が突っ掛けて倒されてFKを貰い、そこからヨンセンが叩き込んで先制したものの、その後の前半は、決定機らしい決定機が記憶にないなあ。千葉もそんなに攻め手があったわけじゃないが、ゴール前での巻が滅法強くて、増川もバヤリッツアも競り負けてたから、あれで巻に呼応して飛込んで来るFWが居たら、結構ヤバかったと思う。もっとも、そもそもそれが出来ない陣形ではあったかも知れないが。前半1対0で折返し。

後半から玉田(接触プレーで前半半ばにちょっと足を痛めていた)に代えて杉本。立上がり、名古屋が少し焦ってるような感じがした。パススピードを上げて、膠着状態の打開を図ったものの、その分、ミスが増えて、かえって千葉の攻勢を招いていたような。それでも楢崎の好守もあって、なんとか凌ぎ、15分くらいには落ち着いたかな。以降、右サイドの杉本をキーにして、好機を何度も作ったが、押し込み切れず。それでも、千葉に得点を許さず、そのまま逃げ切った。

まあ、180分の試合の前半が終わって1対0リードくらいのイメージだから、まだ何も手にしてはいない(^_^;)けども、0対4の惨敗の後味は払拭出来たかなと。
深井はよくやってたと思うんだが、どうしてこう、周囲と噛み合わないんだろうなあ。本人もその意識があるせいなのか、結構気合が入り過ぎてる感じもあって、早い時間に警告1回貰ってたから、ちょっと怖かった(^_^;)。それでも何度か好機の起点にはなっていたけどな。
竹内は、千葉がサイドを手堅く抑えていたから、あんまりうまくプレー出来ていた感じではなかったけど、バヤリッツァはやっぱりCBの方が手堅い感じだし、この布陣の方がいいと思う。
あとは中盤全域で動き回る直志の活躍が目立ったねえ。やっぱり鹿島戦惨敗のポイントは直志の出場停止だったか。

  20080702board
  20080702fukei
  20080702bow

|

« 感想「逃げる殺し屋」 | トップページ | J1リーグ第15節新潟対名古屋 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/41738099

この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコ杯準々決勝千葉対名古屋:

« 感想「逃げる殺し屋」 | トップページ | J1リーグ第15節新潟対名古屋 »