« J1リーグ第23節大宮対横浜 | トップページ | 第13回彩の国カップ決勝ルミノッソ狭山対尚美学園大学 »

イースタンリーグ 西武対ヤクルト(8/29)

2008.8.29 12:00 西武ドーム
S 003100201 7
L 010140000 6
[勝]萩原、[敗]山岸

試合後、子供野球教室か何かがあるらしく、通常より1時間早い12時プレイボール。ここんとこ、雨に降られてヒドい目に遭ってるが、まあ、ここなら雨が降っても試合中は大丈夫と思って出掛けた。結局降らなかったが。
当然バックネット裏へ。以前よりもさらに椅子がよくなっているような気が。ただ、心地よさのあまり、昨日の疲れとかがあいまって、意識が遠のきがちになったのは…(^^;)

先発は松井で、2回に犠牲フライで先行されたが、3回表に西武先発の平野に対し、鬼崎と梶本のホームラン2発で3対1と逆転。4回にも度会のツーベースを、牧谷がタイムリーで返して4対1。
しかし、松井は安定感なく、4回裏にツーベース2本で1点返され、この回で降板。5回裏は岡本が登板して、トントンと2アウト取って、今日はいいなと思ってたら、大島の遊ゴロを鬼崎がファンブルして出塁させた所からいきなり崩れ、ヒットと四球で満塁にした後、松坂にレフトへホームランを打込まれた。岡本はどうも、出来不出来の落差が激し過ぎる気がする。
しかしスワローズ2 軍は1軍と違って(^^;)粘る。7回表、西武2番手長田に対し、上田がヒット、野口が四球で出塁。梶本がバントで送った後、リリーフの松永から、城石がタイムリーでまず1点。続く斉藤の遊ゴロで、野口がホームへ突っ込み、さらに1点もぎ取って同点。6対6で迎えた9回には、西武4番手山岸から、先頭梶本が四球で出て、城石が送り、斉藤のタイムリーツーベースで生還。9回裏を、多少よたつきながらも花田が締めて、7対6で勝った。

あんまりいい流れでなくても、きっちり追い付いて、ひっくり返すのは大したもんだ。イースタンリーグで首位を走ってるだけのことはある。ただ、このまま最後まで行けりゃいいけど、ここんとこ毎年、終盤に失速してるから、安心は出来ないなあ。

  20080829boardup
  20080829end

|

« J1リーグ第23節大宮対横浜 | トップページ | 第13回彩の国カップ決勝ルミノッソ狭山対尚美学園大学 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/42489877

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ 西武対ヤクルト(8/29):

« J1リーグ第23節大宮対横浜 | トップページ | 第13回彩の国カップ決勝ルミノッソ狭山対尚美学園大学 »