« ナビスコ杯準々決勝名古屋対千葉 | トップページ | J1リーグ第20節札幌対大宮 »

J1リーグ第20節名古屋対FC東京

2008.8.9(土) 19時 瑞穂陸上競技場

JSPORTS録画中継の録画を見たもの。

小川が警告累積で出場停止。あと、吉村が故障でリタイアだったんだとか。その結果、中盤は、米山と慶の2ボランチで、左にマギヌン、右に直志みたいな形になってたようだ。2トップはヨンセンと玉田。

で、吉村はともかく、小川が居なかったらこうなるだろうな、という通りの展開になってた感じ。サイドからの上がりが乏しく、攻め手が薄い。直志も、彼なりによくやってたとは思うけど、少なくとも今の直志は、力づくで抜いて行って、ゴールに迫ったり、精度の高いミドルでゴールを脅かす選手じゃないから。昔はそういう選手だった時代もあった、と思うけど、もう完全に過去の話だろう。
東京は新加入のエメルソンが、攻撃の起点としていい働きを見せてたみたいだ。それもあって、勢いに欠ける名古屋にくらべ、東京は攻める意思が明確なサッカーをしてたし、その結果、前半の好機の数は明らかに東京の方が多く、35分の平山のゴールも、必然的に生まれたものかなと思う。まあ、ゴール前でポストに入った羽生へのボールを米山がクリアしたのが、平山の足許にすっぽり入っちゃったのは不運だったけど、そこで間髪入れずに平山がシュートを打って来たし(まあ、実際には一拍あったようにも見えたけど(^^;、うちのDFが反応する前だったのは確か)。まあ、うちも決定機がなかったわけじゃないけど、玉田が不発だった(前半、決定機は二つあったが、どっちも枠外へのシュート)。
後半途中に慶に代えて恵太を入れて、サイドをがんがん上がらせ始めて、ようやく名古屋の攻撃に勢いが出たと思う。さらに巻、津田と投入して、カウンターからの失点覚悟でがんがん攻めたんだが(実際、ヤバい場面は何度かあり、ロスタイムには完全にやられるとこだったが、東京のFWが大切に行き過ぎて、ミスってくれた)、決め切れずに0-1で敗戦。

前半の失点が重くのしかかった感じで、そういう試合もあるさ、とは思うけども、小川が居ない時にどうやって攻撃を作るのか、という以前から見えてた課題が、改めて未解決の問題として存在してたように思う。多分、その解は恵太しかないのでは。下手なのはしょうがない。その分足は速いんだし、少なくともチームに勢いを付けられる存在だと思うんだよな。
(2008.8.14)

|

« ナビスコ杯準々決勝名古屋対千葉 | トップページ | J1リーグ第20節札幌対大宮 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/42181029

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第20節名古屋対FC東京:

« ナビスコ杯準々決勝名古屋対千葉 | トップページ | J1リーグ第20節札幌対大宮 »