« J1リーグ第22節鹿島対名古屋 | トップページ | 感想「半島回収」 »

J1リーグ第22節大分対大宮

2008.8.24 18時 九州石油ドーム

JSPORTSの録画中継の録画。マリノス戦の1節前で、見る順番が逆になっちゃった。

大宮はラフリッチが先発。彼を前線でターゲットにして攻撃を組立てる感じで、マリノス戦もそうだったけど、その狙いはかなりうまく行ってたみたいだ。ただ、ラフリッチにボールを渡した後の周囲のサポートが遅くて、結局、ラフリッチ自身がシュートまで持ってくか、潰されて終わるか、というパターン。出場停止だったデニス・マルケスが居れば、もう少しやりようもあったのかも知れないが、代役のコータとは、あんまり息が合ってなかった印象。
それに較べると大分は、トップにボールが入ると、中盤が一斉に押し上げて来て、ゴール前でパスを回しながら、隙を狙ってくる。ボランチまでゴール前に上がって来るから、そりゃあ分厚い攻撃になるわけで。ただ、大宮はそういう状態での守備は手堅いから、そうそうは失点しないし、大分も、そういう展開をずっと続けられるほどの力はなくて、単調な放り込みに終始する時間帯もかなり長かったから、結果的にスコアは動かず、終盤まで行ってしまった。
ようやく得点が入ったのは終了間際の大分のCK。ニアでクリアしようとしたラフリッチの頭上を僅かに越え、江角も届かず、こぼれた所を森重に押し込まれた。マリノス戦ではラフリッチがああいうセットプレーのボールを端からクリアしていた訳で、ここもラフリッチがポイントだったかな、という気はしないでもない。
大宮が惜しかったとはあんまり思わないが、内容的には互角だったかなとは思う。まあ、大分の方が華はあったよな。ただし、ゴール前に攻め込む場面は華々しいが、90分通して見ると、それほどの攻撃力は感じない。失点が非常に少ないらしいけど、守備陣もそこまで鉄壁にも見えないんだよなあ。GKがいいからなんだろうか。
(2008.9.1)

|

« J1リーグ第22節鹿島対名古屋 | トップページ | 感想「半島回収」 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/42489088

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第22節大分対大宮:

« J1リーグ第22節鹿島対名古屋 | トップページ | 感想「半島回収」 »