« J1リーグ第21節神戸対名古屋 | トップページ | J1リーグ第22節大分対大宮 »

J1リーグ第22節鹿島対名古屋

2008.8.23(土) 18時半 カシマサッカースタジアム 曇
観客19868人 主審 奥谷彰男 副審 小椋剛、石川恭司

 鹿島アントラーズ 1(1-1)2 名古屋グランパス 
           (0−1)

 得点 3分 鹿島・マルキーニョス
    11分 名古屋・吉田
    60分 名古屋・ヨンセン(PK)

 鹿島 曽ヶ端(GK)、新井場、大岩、岩政、増田、
    青木、小笠原、ダニーロ(75分マルシーニョ)、
    本山(67分野沢)、マルキーニョス、興梠(67分田代)
 名古屋 楢崎(GK)、阿部、吉田、三木、竹内、
    中村(80分バヤリッツア)、吉村、小川、杉本(65分山口)、
    玉田(75分米山)、ヨンセン

 警告 鹿島 大岩
    名古屋 小川(5)、吉村(6)、三木(2)

  20080823kekka

うーん、こんな写真しか撮れてなかったよ(^^;)。でもいいや。ついにカシマで勝ったってぇ事実にくらべたら、些細なことだわ(^^)。

いつものカシマでの試合のように、曇ってて、雨がぱらぱら落ちてて肌寒い天候。それでも雨に関しては、結局試合が終るまで、本降りになることはなくて、「カシマにしてはいい天気」で済んだけど。

立上がりはディフェンスがバタバタで、ミス連発。落ち着く暇もなく、開始3分にマルキーニョスに決められ、さらに小笠原に立続けにプレースキックのチャンスを与えて、どうにか外れてくれて助かったけど、これがどれか決まってて、早々に0-2になってたら、こういう試合にはなってなかっただろうな。ホームでは大敗してるし、今年は惨敗かも、という気分も脳裏をよぎった。ただ、主審の奥谷さんが、競り合いでの鹿島のファールを結構細かく取ってくれてたし、11分にそういうファールからFKを得て、玉田が蹴ると、マーヤが合わせてあっさり追い付くと、雰囲気がだいぶ変わったな。
鹿島がこっちのゴールに迫った時の連携や抜出しのスピードが速くて、やっぱりかなり怖かったが、いつものようなねちっこさやえげつなさが、案外なかった感じ。名古屋のディフェンスも、同点になってからは次第に落着きを取り戻せたようだったし、押されてはいるけど、どうにもならんほどではないという印象だった前半。ただ、劣勢だったのは確かで、勝てる気はあんまりしなかったけど。
後半立上がりは、双方のゴール前をボールが行き交うハイペースな展開になったが、右MFに入っていた杉本ががんがん飛ばして、立て続けに何本も結構際どいシュートまで持って行ったのが、名古屋に流れを引き寄せるきっかけになったと思う。その後、小川がペナルティ内の交錯で倒されたが流され、続いて、今度は玉田がドリブルでエリア内に踏み込んだ所で大岩に倒され、今度こそはPK。ヨンセンが蹴ったが曽ヶ端が反応してて手に当てられ、ボールがふわっと浮いた瞬間、やばいと思ったけど、どうにかゴール内に落ちて弾んで、うぉーっ!!、と(^^;。

その少し後に、杉本の足が吊ったらしく(後半頭の走りっぷりとか、その後も、自陣まで駆け戻ってのきわどいクリアとか、やっていたからねえ)、慶に交代して、これで鹿島に対して確実に見込めるアドバンテージがなくなったなと思ったが、75分には足に不安があるらしい玉田も引っ込めて、米山を入れ、ここからは5バックで守り倒し。守りに入るのが早過ぎるんじゃねえかなあとは思った。実際、ちょっとバタついてるようには見えたが、80分に直志を引っ込めてバキを入れ、後ろは5バック3ボランチで固め、小川を上がり気味にして走らせて(2トップと呼ぶには、小川もヨンセンも引き過ぎてたが(^^;)、鹿島のバックラインにある程度プレッシャーを掛け始めたら、随分安定した。守りの人数が多くても、ごちゃごちゃ固まった人の塊でバタバタになりながら辛うじてクリアで凌ぐ、というんではなく、きっちりラインや間隔を保って、落ち着いて対処してた。その効果で、不用意なファールで鹿島にFKやPKを与えることもなく(それで何度泣かされたことか)、守り切って逃げ切った。

カシマでの初勝利。名古屋の試合を見に行ってて、あんなにシアワセな気分になったのは、96年元日の勝利以来じゃないかな。それ以外、比較の対象を思いつかない(^^;。あの場に居られて、幸せだったよ。

ピッチがかなり荒れていて、双方微妙にプレーの精度が出ないサッカーになってた(まともに組み合ったら、そりゃあ、やっぱり完成度では鹿島の方が上だけど、ピッチの影響で差は縮まっていたと思う)とか、増川の出場停止やバキの故障絡みで、CBに三木が入って、必要以上にリスクを犯さないプレーをしたとか(増川やバキは、あんまり堅実なタイプとは言えんから)、マギヌンが出場停止で杉本が入って、テクニックにこだわらないスピード勝負に徹しやすくなっていたとか、主審の笛の傾向とか、いろんな要素がこの日は名古屋に有利に働いたのかな、という気はする。まあ、結果論だけど。この日よりもよっぽど勝っててもおかしくない試合を、過去にここで、何度も落として来たからね。
この勝ちで、そういう妙な雰囲気が一掃されて、他と同じように、ここでも普通に試合が出来るようになってくれればいいなと思う。まあ、それはそれで、カシマへ行くモチベーションに関わる問題があるかも知れないが(^^;。

  20080823flag
  20080823bow
  20080823pixy

ちなみに、今朝の新聞で再確認したが、俺のカシマでの鹿島戦観戦成績は、これで1勝12敗になったらしいや。(茨城県内という括りにすると、ひたちなかでの1敗があるんで、1勝13敗(^^;)

|

« J1リーグ第21節神戸対名古屋 | トップページ | J1リーグ第22節大分対大宮 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/42253317

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第22節鹿島対名古屋:

« J1リーグ第21節神戸対名古屋 | トップページ | J1リーグ第22節大分対大宮 »