« 全日本ユース(U-18)グループリーグ 横浜ユース対名古屋U18 | トップページ | なでしこリーグ1部第13節浦和対日テレ »

J1リーグ第24節FC東京対大宮

2008.9.13(土) 19時 味の素スタジアム

見に行った。

立上がりは東京が割と攻勢で、エメルソンが左サイドから絡んで来るのが怖い感じだったけど、先制したのは大宮。13分にFKからの流れで前が厚い状態で、波戸が左サイドから入れたボールをラフリッチが決めた。ここまで、ラフリッチは結構ガチガチにマークされてたように見えたのに、この時は緩んでたな。それにしても彼はチャンスで本当に確実に決めて来る。動きも良くなってたし、涼しくなって、段々合ってきたかな。ただ、デニス・マルケスは消えていた感じ。出場停止のせいで、ラフリッチと組んだ2トップでの先発試合はまだほとんどないから、無理もないか。
その後、東京の噛み合わない攻撃を適当にあしらいつつ、大宮が自分のペースで試合を進められてたと思うが、東京に速いテンポで繋がれて攻められると、うまく対応出来ないような気配も出て来て、カボレのシュートがバーで助かったり。そのまま1対0で折返し。

そこで急用が出来て、前半で撤退。後半も含めて、翌日、JSPORTSの録画中継を見直した。

前半の印象は、見直してもほとんど変らなかった。
で、後半は前半の流れのまま、最初から東京ペース。それでも江角が当たり屋の持ち味を発揮して止めまくるなど、よく粘っていたけど、後半半ばくらいにCKからとうとう失点。あれだけ攻められてりゃ無理ないな、という感じで、ここまでは、ペースを変える有効な戦術変更や選手交代の手が打てなかったベンチワークの問題として、まあ、やれることには限りがあるし、仕方ない面もあるかと。
いただけなかったのはその後。東京のFKをレアンドロがハンドして、さらに近い位置でのFKにしちまい、大竹に直接蹴り込まれて逆転(大竹も巧かったが)。さらにCKのチャンスが阻まれた後、ファールのアピールかなんかしていたせいか、戻りが遅くなり、カウンターを食らって、石川→赤嶺でもう1失点。
押されていたのは確かとはいえ、多分に自滅っぽい敗戦。さいたまダービーが案じられる。スタジアムの浦和サポの人数を最小限に抑え込んでも、惨敗しちまうようだと赤っ恥だ(^_^;)。
桜井の帰還は好材料かも知れないが。結構動けてるぽかった。

  20080913board
  20080913flag
  20080913bow

|

« 全日本ユース(U-18)グループリーグ 横浜ユース対名古屋U18 | トップページ | なでしこリーグ1部第13節浦和対日テレ »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/42607624

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第24節FC東京対大宮:

« 全日本ユース(U-18)グループリーグ 横浜ユース対名古屋U18 | トップページ | なでしこリーグ1部第13節浦和対日テレ »