« イースタンリーグ ヤクルト対湘南(9/27) | トップページ | J1リーグ第27節名古屋対浦和 »

J1リーグ第27節大宮対神戸

2008.9.27(土) 14時 NACK5スタジアム大宮

久々に好天、とまでは言えんにしても、雨の降ってない大宮のホームゲーム。

勝手が違うのか(^_^;)、大宮はヒドい出来。体力的には、火曜の試合がお休みだったから、神戸よりも有利な状況だったはずなのにさ。ユルユルのディフェンス、意思疎通のないオフェンス。意思疎通がなくても個人技で持ってく力を持つデニス・マルケスを故障で欠いたという、同情の余地はあるが、残ったラフリッチも満足に使えない。放り込んで、あとはお任せだもんな。
神戸は見事なパスサッカーを見せて、連携が鮮やかだった。それで緩い大宮ディフェンスを崩して、前半早々にボッティが先制ゴール。後半頭には吉田が決めて、それで充分な完勝。他にもいい形を作った場面がいっぱい。神戸が鮮やかだった分、大宮のダメさが目立ったというのもあるかな。

大宮も選手のスキルとかセンスという面では、決して劣っているとは思わないんだが、他の選手を生かしたり生かされようというプレーがあまりにもなさ過ぎ。決め事がなさ過ぎるのか、貰ったボールを足下に置いてためらって、たやすく神戸のプレスの餌食になる場面も数知れず。この精彩の無さはなんだろう。東京戦からずっとこんな感じ。先月末のインターバルで何か失敗したんだろうか。もっとも、攻撃をデニス・マルケスやラフリッチの個人の能力に頼ってたツケが廻って来ただけ、という気もしないではないが。それはずっと分かってたことだが(樋口はつい最近まで分かってなかったらしいが)、なんとかなっていたからね。とうとう、なんとかならん事態がやって来た、というだけのことかも知れん。
慶行という、ジョーカー的なカードが負傷で外れていたのも、影響はあったのかな。これに関しては、この試合で途中出場して復帰してきたから、展望は見えてきたわけだが。
ラフリッチよりも、終盤に彼と交代で入った森田の方が、むしろ周りを生かすプレーが出来てたように見えたのは皮肉。もっとも、いずれにしても、周りは彼をサポート出来てなかったけど。

  20080927flagnack
  20080927bownack
  20080927fukeinack

|

« イースタンリーグ ヤクルト対湘南(9/27) | トップページ | J1リーグ第27節名古屋対浦和 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/42619784

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第27節大宮対神戸:

« イースタンリーグ ヤクルト対湘南(9/27) | トップページ | J1リーグ第27節名古屋対浦和 »