« ナビスコ杯準決勝大分対名古屋 | トップページ | 全日本ユース(U-18)グループリーグ 横浜ユース対名古屋U18 »

感想「ジーヴスと恋の季節」

「ジーヴスと恋の季節」 P・G・ウッドハウス 国書刊行会

タイトル通り、カップルがいくつも入り乱れる小説。誰が誰とどうなるのか、わけがわからんようになってしまうが、最後はジーヴスの力技でなんとかなる、というお馴染みの展開。凄く笑える、という感じではなくなっているけど、大混線ぶりが読ませるし、楽しめたのは確か。
ただ、訳文がいつもよりもぎこちない感じで、少し読みにくかった。誤字にも気付いたし、訳者が不調だったんだろうか? これだけ立続けにウッドハウスを訳すのは、結構大変なことだろうしな。マンガ家のお手伝いもしなくちゃいけないし。「メロディ」での連載は、着々と続いているところを見ると、それなりに人気があるんだろうか。

|

« ナビスコ杯準決勝大分対名古屋 | トップページ | 全日本ユース(U-18)グループリーグ 横浜ユース対名古屋U18 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/43052567

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「ジーヴスと恋の季節」:

« ナビスコ杯準決勝大分対名古屋 | トップページ | 全日本ユース(U-18)グループリーグ 横浜ユース対名古屋U18 »