« 感想「うつうつひでお日記 その後」 | トップページ | J1リーグ第26節鹿島対大宮 »

セリーグ ヤクルト対広島(10/1)

2008.10.1 18:20 神宮
C 010020000 3
S 00191200X 13
[勝]館山、[敗]斉藤

2回裏が始まる前に神宮到着。
20081001hatake
直前の2回表に広島が1点先制。広島先発は斉藤で、かなり制球が怪しかったが、いまいち攻めあぐんでる感じで、ボールが散ってて打ちにくいのかなと思ってたら、3回裏2死から青木がライトへ放り込んで同点。
ウチの先発は館山で、相変わらず、そんなにいいとも思えないが、なんとかなっちゃうピッチングだったようだ。しかし、4回表は3者三振の見事なピッチング。その裏、斉藤が一気に崩れた(^_^;)。4連続四球であっさり逆転。ピッチャーは2番手上野に代るも、ヒロヤス、川本の連続タイムリーで5対1。館山三振で一死後も青木、慶三連打に福地が四球と止まらない。三番手青木勇も、畠山にぶつけて、飯原、梶本がまた連打、この回9点。10点行けるぞ、スコアボードはどういう表示が出るんだろうと思った所で、ヒロヤスが二ゴロ併殺でチェンジは残念だった。
ところが館山が気が抜けたのか、またぱっとしねえし。5回表に2失点。7点差あったが、この回で降板。
しかし、打線(というか川本)が好調で、5回裏はスリーベースの川本を、館山の代打ガイエルさんがでっかい犠牲フライで返して1点追加。去年までの神宮だったら、あれはホームランだっただろうな。6回にもヒットの飯原を置いて川本がレフトへ放り込んで13対3とした。もう帰ってもいいかなと思ったんだけど、川本はあとはシングルヒットが出ればサイクルだった。8回裏にギリギリ打席が回って来そうで、帰るに帰れず (^_^;)
幸い7回8回は淡々と進んだが、結局8回裏はあと一人で川本まで回らなかった。なので、9回表は見ないで出てきちゃった。まあ、さすがにここから負ける気遣いはねえ、と思ったが、やっぱりそのまま終ったようだ。
20081001end
2日続けて、広島に大勝。広島は市民球場ラストゲームで燃え尽きちゃったんだろうか?

そういやあ、梶本が出ていたっけ。イースタンの終盤戦、梶本が出てないみたいだなと思ってたが、1軍に上がっていたのね。今年のイースタンでの優勝は、梶本の働き抜きでは考えられなかったと思ってるし、こんだけやってるのに、なんで梶本には1軍からお呼びが掛からないんだろうと思ってもいたんだが、ここへ来て、ようやく昇格していたのか。川端が確かずっと1軍に居たけど、個人的には、現時点では、梶本の方が川端より上だと思ってるんだがな。まあ、今年は俺は二人を並べて見る機会がなかったから、実際の所がよく分かってないのかも知れないが。
20081001kaji

|

« 感想「うつうつひでお日記 その後」 | トップページ | J1リーグ第26節鹿島対大宮 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/42714607

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対広島(10/1):

« 感想「うつうつひでお日記 その後」 | トップページ | J1リーグ第26節鹿島対大宮 »