« J1リーグ第28節名古屋対東京V | トップページ | 感想「タナーと謎のナチ老人」 »

セリーグ ヤクルト対中日(10/7)

2008.10.7 18:20 神宮
D 000100000 1
S 13100057X 17
[勝]館山、[敗]小笠原

プレイボールから観戦。
  20081007board
消化試合なんで、双方、相応のスタメンという感じだったが、プレーオフへの調整試合という意味合いがあるはずの中日は、それでも意欲は高いかなと思ったが…。
うちの先発の館山は、確かにいい出来だったが、それにしても中日の打線は淡泊で、3回まで1安打。その間にうちの打線は、小笠原から、初回に野口のスリーベースを青木が犠牲フライで返して先制。2回にはランナー2人置いて川端がライトへスリーラン(もしかしてプロ初? おめでとう)。3回には野口がレフトへホームラン。5対0。
4回表に館山は3連打で1点失い、5回もちょっともたついて、やっぱりなと思ったけど、決壊することはなく、持ちこたえた。その辺が今年の館山なんだろうな。
打線は4回から6回は清水昭になんとなく抑えられちゃったけど、7回裏に出て来た長峰を攻略。野口のタイムリーヒット(サイクルにリーチ(^_^;))、青木のフェンス直撃スリーベース、さらに代わった斉藤からヒロヤスのタイムリーで5点追加。
7回裏からぽつぽつ雨が降り始め、8回には本降り。ここまでは、横浜が中止と聞いて、えっ?、と思ったくらいだったが、最初からこの降りだったら、神宮も中止だったかもなという感じだった。でも試合は続行。8回表は木田がきっちり抑えると、その裏、中日5番手の小林が決壊(^_^;)。打者11人で7点、 17対1。9時を回ったんで、そこで引き上げた。ちなみに8回に野口に打席が回り、ツーベースならサイクルだったが遊ゴロ。残念。
9回表は見なかったけど、球場の外での気配と、帰宅して見た試合記録から判断すると、吉川が投ゴロで負傷降板した? 大したことでなきゃいいけど。
  20081007fukei
  20081007end

|

« J1リーグ第28節名古屋対東京V | トップページ | 感想「タナーと謎のナチ老人」 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/42756536

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対中日(10/7):

« J1リーグ第28節名古屋対東京V | トップページ | 感想「タナーと謎のナチ老人」 »