« 感想「傷だらけの天使 魔都に天使のハンマーを」 | トップページ | J1リーグ第30節大宮対千葉 »

J1リーグ第30節名古屋対磐田

2008.10.25(土) 15時 豊田スタジアム

当日夜のJPORTSの録画中継。結果を知らずに見た。

今年の磐田は、一瞬好調に見えた夏頃の2試合しか見てないので(大宮ホーム、名古屋アウェイ)、順位は低いけど嫌な感じの相手だった。ここんとこの成績も、最低の時期は脱したみたいだったし。
でも始まってみると、ジウシーニョにはかなりかき回されていたが、オフトのリスクを嫌う采配もあってか、磐田の攻撃は厚みがなくてあんまり怖さがなく、名古屋がほぼ一方的に攻める展開だった。ただ、向こうがノーリスクで来てるだけに、名古屋が得点するのも容易でなく。前節のマリノス戦の前半、その前のヴェルディ戦に比べたら、寄せは全然緩いので、形は作れるし攻められるんだけど、最後の所が固い。特に前半なんか、竹内が意識的に攻めてたり、杉本も悪くなかったんだけど。ゴール前にボールが入っても、それが決定的な形になった場面は、ほとんどなかったんじゃないかな。混戦になったのは2-3回あったけど、それも押し込めなくてスコアレスドローで終ってしまった。

今年はこういう展開でも1回くらいはビッグプレーがあって、それで勝って来たと思うけど、この日はそうはいかなかったな。そういうのの中心になってきた小川に、いまいち元気がなかったかなという気がする。疲れとか厳しいチャージ(マリノス戦でも、この試合でもあった)で受けたダメージとかが蓄積してるのかな。

仕方ないかなと思いつつ、優勝を狙う上では致命傷のドロー、と思ってたら、翌日鹿島が負けて、そうでもないことになっちゃった(^^;。残り4試合は、そんなに苦手な相手もいないし、残りを勝ち続けていけば、何とかなるかも、という気がしてきた。それはいいんだけど、気分が乱高下するもんで疲れる…。

それにしても、ジュビロはこんなセーフティーファーストの試合をやってていいんだろうか。降格圏付近の他のチームの今後のカードを見ると、ジュビロが特別有利な状況とも思えず、最終節に直接対決?で大宮に勝っても、降格圏脱出出来ない事態になりかねない気がするが。

|

« 感想「傷だらけの天使 魔都に天使のハンマーを」 | トップページ | J1リーグ第30節大宮対千葉 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/43050909

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第30節名古屋対磐田:

« 感想「傷だらけの天使 魔都に天使のハンマーを」 | トップページ | J1リーグ第30節大宮対千葉 »